マイケル・ジャクソンの45度前傾ダンスの秘密(動画)

090626smoothcriminalshoes.jpg

キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンはダンスの名手でした。

機械仕掛けのようなんだけど違うのがムーンウォークなら、機械仕掛けのようで実際に機械仕掛けだったのが『Smooth Criminal』の前傾ダンス。あの重力に逆らう45度傾斜の秘密は、靴にあります。

上の図は、マイケルたちがその仕組みを考案し、1992年に出願した特許5255452号にあるものです。

普通は体の重心を支え切れなくなると、バランスを崩して大股で前につんのめってしまいますよね。そこでマイケルは自分が望む45度の傾きを確保するため、特殊な靴 ―俗に言う「反重力ブーツ」― を取り巻きのダンサーたちと一緒に履き、ステージのフロアにも細工を施したのです。

以下動画の7分17秒のシーンがそれですけど...どうなってるか分かります? 

この動きになるとフロアからペグ(杭)のようなものが突き出て、靴の踵にある三角の凹みを支えてるんですね。そこに体重をかけられるから普通よりグーンと鋭角に倒れても大丈夫で、世界をギョッとさせることができたのです。

以下のライブステージでは3分56秒のところで、右の男性ダンサーの靴が一瞬抜け損なってます。

 

こんな小さなところまで工夫を凝らして世界を楽しませてくれてたんですね...。

[Boing Boing Gadgets] 関連:Wikipedia日本版

Dan Nosowitz(原文/訳:satomi)

スリラー(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

マイケル・ジャクソンのオークションで見つけた、お宝ガジェットたち

オープニングにしとくにゃモッタイナイ! 2分で綴るビートルズの歴史アニメーション(動画)

イタズラっ子2000人が終結!「MP3 Experiment」(動画あり)

癒し系だけど、結構しっかりしてるお掃除ロボット「Fukitorimushi」(動画あり)

『トランスフォーマー/リベンジ』でミーガン・フォックスをお色気ムンムンにCGI処理