AppleとChumbyのデザイナーがサーフボードをデザインしたら?(動画あり)

AppleとChumbyのデザイナーがサーフボードをデザインしたら?(動画あり) 1

Thomas Meyerhofferさんは、以前Appleで働いていたり、Chumbyのデザインをお手伝いしたことがあるデザイナー。

そんなThomasさんが今夢中になっているのは、新しい形のサーフボードを創ること。従来のサーフボードよりも、スノーボードっぽい? 宇宙船ぽい? 万年筆ぽい? いろんなものを想像しちゃいますけど、とにかくカワイイ! 好きですコレ。欲しい!

AppleとChumbyのデザイナーがサーフボードをデザインしたら?(動画あり) 2

ちなみに、波に乗ってるところはこんな感じ。

 

4~5年かけて、ムダをはぶいてシンプルにしたり、部分ごとに厚みをかえたりカーブを変えたりして、スピードが加速しやすく、よりアグレッシブに波に乗りやすくなるよう試行錯誤をかさねたようです。

Thomas Meyerhofferのプロジェクトは、初期のgoogle sky、Smith V3 、日本では発売されなかったけれど、iMacの祖先? とされる半透明なApple eMate 300のデザインも含まれています。彼は、サンフランシスコから数マイル南に住んでるので、僕の家からそんなに離れて無いから、ある日Thomasがこの新しいサーフボードで波に乗ってる姿を見かけるかも? そしたら、ちょっと試乗させてもらいたいなぁ。

サーファーじゃない人も今年の夏、コレでサーフィンデビューしたいって気持ちになってきません? トライしてみたけど、乗りこなせなかった...と丘サーファーになってしまっても、これならインテリアにしてもいいですよねー。

[Meyerhoffer surfboards, Outside Mag Profile, SurfPulse]

-Brian Lam(原文/junjun )

【関連記事】

「SoulArc board」:よりサーフィン感覚に近いスケートボード

北極圏でサーフィンできるほど身体を温めてくれるウェットスーツ:「H-Bomb」(動画)

水も風も要らない一般道サーフィン(動画)

GPSとラジオがついたサーフボード

パソコンで作った自作サーフボード「Shredder」

※ご指摘ありがとうございます。記事修正いたしました。