iPhone 3GSの一部製品に15KHzの妙な音が出る不具合

090621iphone3gs_4up_682_826948a_R.jpg

新製品にバグはつきもの。iPhone 3G Sも例外じゃないのは分かるんですが、音が出るバグなんて聞いたのはこれが初めてかも...。

世界8カ国で一足先に発売となったiPhone 3GSの一部製品で、高周波数(15KHz)の音が出る不具合が確認されました。なんでもアンロックや携帯メール送受信の音が鳴り終わると出るようです。

BGRも手持ちの携帯でこのバグの存在を確認済みですし、記事を読んだ人の中からも「そういえば僕のも妙な音が出る」と大勢が名乗りを上げてます。

「大丈夫だよ」という人もいるし、高齢者は聞き取れないぐらい高周波なので、バグがあっても気づかないで使ってる人もいそうですけどね。BGRのコメントに出ていた15KHzの音のサンプルが聞けるリンクはここ

ソフトの問題くさいので、早晩パッチが出るとは思いますけどね。「耳への影響はないの?」、「犬がワンワン言ってたのはそのせいか...」、「もしやこれはマインドコントロールの音なんじゃ...」、「サウンドのSか...」とかいう声も出ちゃってるので、本当に修正可能なバグなら早く対処しないと。

[BGR]

Jack Loftus(原文/訳:satomi)

【関連記事】

iPhone 3GからiPhone 3G Sへの機種変価格がいくらか、ガツンと言っちゃいます【早見表】

iPhone 3G S発売記念前夜祭が開催!

やっぱり並んじゃいましたか。iPhone 3G S行列

見れば判る、アレを模したAndroidアプリ「Dildroid」(動画)

【GIZ金曜アンケート】あなたの使っているケータイ結果発表!!