iPhone OS 3.0 ボイスメモをMMSで送信してみた

090617iphone3.0-mic.PNG

MMSの素晴らしさは音声や動画や画像を手軽に楽しめるってことにあるんですが、ボイスメモをMMSで送信してみてその素晴らしさを実感してます!

もともとiPhone OS 2.2.1の頃って、iPhone OS 3.0の新アプリとして紹介されたボイスメモは非常に地味なアプリだと思ってました。前からApp Storeにボイスメモ的なアプリって結構ありましたし、なぜわざわざプリインストールしてきたのか? って疑問だったんですよね。

でも今回のMMSとの連携を体感してみて、ボイスメモアプリの重要性を感じましたよ!

 

090617iphone-mic3.PNG

まずアプリを起動したら左下の録音ボタンを押すだけで録音開始。もう一度赤いボタンを押すと一時停止し、右側の黒いボタンで停止になります。(保存形式はm4a)全部で2つしかボタンがない!

090617iphone-mic2.PNG

そしてもう一度黒いボタンを押すと今録音したファイルが一覧で表示されます。ここでファイルの再生/一時停止などで聞き返すことができます。(左上でスピーカー切り替えも可能)

IMG_0015.PNG

ファイルの隣の「>」ボタンを押して、こんな風にメモをトリミングして編集することも可能。QuickTime Proの編集みたいな感じ! かなり直観的なインターフェイス。

090617iphone-mic8.PNG

そして共有ボタンをクリックするとこんな風にMMSかメールっていうボタンが出て、MMSを選択。

IMG_0014.PNG

するとこんな風におなじみの画面でもうファイルのやりとりができてしまいます。しばらくこれで遊んでみましたが、かなり簡単&楽しいです! もちろん携帯電話でMMSってのは標準でできる機種がほとんどですが、iPhoneのMMSや、ボイスメモとの連動はシンプルだし、めちゃめちゃスムーズ! これぞ真の意味でのマルチメディアメッセージング(MMS)ですよ。

昔使っていたノキアのスマートフォンでボイスメモを送信する時なんてこんなに簡単じゃなかったですからねぇ。

いままでMMSに対応してなかったAppleに正直ぼくは腹を立てていましたが、今回の3.0で帳消しにしてもいいかも...!?

(遠藤充)

iPhone OS 3.0 ボイスメモをMMSで送信してみた 1

【関連記事】

iPhone OS 3.0を新ソフト「ultrasn0w」でアンロック(動画)

iPhone OS 3.0を入れてみた・キーボード編

iPhone OS 3.0を入れてみた・コピペ編

アップル、「iPhone OS 3.0」に課していたアプリ再ダウンロード制限を撤廃

iPhone 3.0 OS ガイド:これだけ覚えとけば大丈夫