iPhoneよ、さらばだ! ここがすごいぜ、名門パーム復活を賭した「Palm Pre」

iPhoneよ、さらばだ! ここがすごいぜ、名門パーム復活を賭した「Palm Pre」 1

iPhoneだけで騒ぐのなんてヤメましょうよ...

いよいよ今週は待望の「iPhone OS 3.0」ダウンロード提供が開始来週26日には日本でも新機能満載の「iPhone 3G S」発売とあって、俄然、盛り上がっちゃってきてますけど、そんな世の中の空気を笑って見つめる人物あり! その大胆不敵な笑いを浮かべているのは、「iPhoneより良い」と、絶対の自信を持って送り出した「Palm Pre」の開発陣なんだそうですよ。

ちょっと日本では、残念ながら、まだ販売されてもないので、注目度は低いんですが、すでに米国各地で売り切れ状態のPalm Preに、実は称賛の評価が高まってきてるとのことですね。まだ見ぬPalm Preへの期待も込めつつ、怒涛の11本勝負で、iPhoneとの差をつける違いなど、アピールポイントを中心にまとめてみました。

Palm Preを知らずして、iPhoneのすべてを語ろうとすべからず...。ではでは、どうぞ続きをご覧くださいませ。

 1. 「Web OS」の総合評価

細かい各機能に関しましては、後ほど、より詳しく取り上げさせていただきますが、とにかく全体的な使い心地というものが、これまでiPhone OSを使っていたユーザーが触ると、おぉっ! そんな意外な驚きでもって、十分に良さを実感できる仕上がりのOSが搭載されているというのが、Palm Pre最大のアピールポイントとなるでしょう。とりわけ、"ウェブ"を強調したWeb OSというだけあって、ネットとの親和性の高さが、iPhoneを上回ると評判のようですよ。タッチスクリーン全面に指を伸ばさなくとも、本体下部の「Gesture Bar」周りだけで、片手クイックコントロール可能な、かゆいとこに手が届くって感じのユーザーインターフェース(UI)もいいですし、年内には実現するとされる、Flashへの標準対応が進めば、もうかなり最強のモバイルOSとなるんじゃないでしょうか。

2. 意外に手になじむデザイン

とにかく無駄を排した、すっきりスリムデザインが美しいんだよな...とiPhoneを見つめてきたユーザーからすれば、一見すると、Palm Preのほうが厚みがありますし、ちょっとゴツゴツしてるような第一印象を抱くことだって否めませんね。でも、いざ手に取って使いまくってみると、その最初のインプレッションを、いい意味で裏切ってくれそうですよ。丸みを帯びたPalm Preの本体デザインは、よく手になじみますし、これくらいのサイズアップくらいなら、それによって搭載された各種機能や性能アップに比例して、携帯性という意味では、まったく気にもなりませんので、わりと好きになっちゃうやもしれません。

3. スライドアウトする縦型キーボードデザイン

Palm Preは、縦型デザインのまま、QWERTY配列のフルキーボードがスライドアウトしてくるシャープなデザインなんですけど、このフォルムが、なかなか憎いよなって感じの仕上がりなんです。横画面にして、ワイドなQWERTYキーボードがスライド式で搭載されているスマートフォンは、よくありますが、この縦画面で下に伸びてくるデザイン、一度はまったら、もう手放せなくなりそうですよ。ただし、どうしても縦スペースだと、横長にキーボードの各キーを配列できないぶん、慣れるまでは、打ちにくいかなって感じる人もいるとは思いますけどね。

iPhoneよ、さらばだ! ここがすごいぜ、名門パーム復活を賭した「Palm Pre」 2

4. パワフルなマルチタスク性能

iPhoneユーザーの最大の不満の1つに、基本的にシングルタスクでしか動作しないという点が挙げられるのではないでしょうか。ところが、Palm Preのマルチタスクへのこだわりぶりには、逆に脱帽してしまいますよ。各アプリを立ち上げると、すべてパネル状のカードUIで動作していくんですけど、次々とアプリが立ち上がっても、それぞれのカードは、どんどんバックグラウンドで動作していきますね。

iPhoneよ、さらばだ! ここがすごいぜ、名門パーム復活を賭した「Palm Pre」 3

アプリごとの切り替えも、カードをフリックしてめくるだけ。右にフリックして音楽再生したら、左にフリックして戻ってきてメールの続きを書き、また左へフリックしてネットを見ては、そのままどんどん、YouTubeで動画を眺めつつ、天気や株価までチェック...というふうに、ザザッと20くらいのアプリは、同時に処理できちゃうパワフルぶりなんだそうですよ。

どうやらイメージとしては、Mac OS Xの「Expose」みたいな快適さで、シャッフル操作を中心にマルチタスク管理が徹底実現するとの評価まで飛び出してきており、Mac OS Xベースともいわれるはずなのに、アップルのiPhoneを使っているユーザーにとっては、なんともうらやましい限りでございます。ただし、あくまでもマルチタスクはシステム容量との関係も高いので、あんまり調子に乗って、もう次から次へとアプリを立ち上げまくり過ぎれば、動作不安定な状態には陥ってしまいますけどね...

5. 続々と新モデルが登場!

初代iPhoneから、昨年のiPhone 3Gの発売を経て、いよいよ最新モデルのiPhone 3G Sへと飛躍するという、これまでのところ1年ごとの新モデル発表スケジュールを守ってきた感じのアップルとは対照的に、Palm Preは、ほんの始まりに過ぎないという発表がなされていますよ。すでに年内には、最小サイズ&最軽量モデルを売りにして成功した「Palm Centro」を継承する、低価格な「Palm Eos」なる新モデルのリリースも予定されてるんだとか。その後も、Web OSの魅力を最大限に引き出せる、さまざまな最新モデルが続々と発表されていく計画がアナウンスされてますよ。搭載ラインナップの拡大に伴い、携帯電話キャリアも、現在のSprintのみならず、多彩なキャリアから自由に好みの会社をチョイスして契約できるようになっていきますから、これまたうらやましい限りですよね。

6. なぜかiTunesに対応してしまう...

あくまでも本稿執筆時点での情報なんですけど、どういうわけか、Palm PreからiTunesに接続を試みると、なんとiPodの一モデルとして認識されてしまい、さすがにDRMで保護された楽曲の購入までは無理ですけど、自分で取り込んだ音楽や動画などを、自由に管理して転送できちゃったりするようです。iPhoneとiTunesのマッチングの良さから離れられないiPhoneユーザーにとって、このムフフ...なPalm PreのiTunes対応というのは、ちょっとグッドニュースだったりしますよね。

7. あらゆるコミュニケーションツールを統合した「Synergy」

マルチタスクもさることながら、メール、IM、SMSから、FacebookなどのSNSに至るまで、あらゆるコミュニケーションツールを同一ウィンドウに整理してみせ、真にシームレスなコミュニケーションを演出するSynergyの快適さは、これまた一度使ってしまうと、もはや後戻りできない快適なユーザーエクスペリエンスを提供してくれますよ。ある意味、グーグルが世界を驚かせた「Google Wave」プラットフォームを、先にスマートフォン環境で実現しちゃったとさえ評せるかもしれません。ネットからアドレス帳への自動情報収集能力も秀逸ですし、予定表アプリとの連携も見事ですね。

iPhoneよ、さらばだ! ここがすごいぜ、名門パーム復活を賭した「Palm Pre」 4

8. これまでの豊富なPalm対応アプリもオッケー

Web OSは、低迷するPalm OS人気を根底から変革するために、まったく新たなスマートフォンOSとして開発が進められてきたわけなんですけど、そうはいっても、かつて一世を風靡したPalm OSには、もう実に豊富なアプリケーションがそろっているのは事実ですよね。そして、Web OSは、新たに生まれ変わったとはいえ、このすべての貴重な財産ともいうべきPalm OS対応アプリケーションまで、フルサポートしているようですよ。かつて愛機で用いていた、あの懐かしのアプリを使いたいんだって人も、ちゃっかり取り込んでくれてますので、ご安心あれ。

9. とにかく美しいスクリーン&高性能マルチタッチ

これはまさに百聞は一見にしかずでしかないと思いますが、とにかくPalm Preのスクリーンは美しいです。iPhoneと比較すれば、そのブライトでシャープな表示性能は、一目瞭然でしょうね。おまけに、ただ表示がキレイというだけでなく、どうやらマルチタッチの感応度も、iPhoneより優れているようなんですね。反応も速いですし、やってきたな、パームよ! ちょっとそう何度かうならされることがありましたよ。

10. アプリケーション充実に期待

すでに昔のPalm OS対応アプリが豊富に存在していることに加え、パームからは、オープンで自由なアプリ開発環境が謳われており、審査が厳しすぎるとの批判も集中する「App Store」とは一線を画した、わりとクリアな承認プロセスで、より参加しやすいオンラインアプリケーションストアの充実が目標に掲げられていますよ。まだWeb OSへの新対応アプリケーションは、まったくApp Storeとは比較にならないレベルのラインナップ数でしかないんですけど、かなりこれから良い感じで増えてくることにも期待したいところですね。

11. 魅惑のワイヤレスチャージャー

明らかにPalm Preのバッテリーの持ち時間は、iPhoneより断然いいらしいんですが、それ以外にもワクワクしちゃうのは、ポンとPalm Pre本体を上に置くだけで、ワイヤレスに充電がスタートする電磁誘導式チャージャー「Touchstone」の存在ではないでしょうか。これ、本当に便利ですよ。Touchstone上で、ゆっくりと充電しながら、スクリーンには、リアルタイムに欲しい情報が表示されていく、なんともやみつきになる利用スタイルにはまってしまいそうです。

iPhoneよ、さらばだ! ここがすごいぜ、名門パーム復活を賭した「Palm Pre」 5

いかがでしたか? Palm PreとWeb OSの組み合わせで実現する、スマートフォンの新たな世界観。iPhoneは、なかなかいい出来栄えですけど、でも、Palm Preって、それに勝るとも劣らぬ、十分に対抗可能な仕上がりにもなってそうでしょ?

日本の携帯電話会社の皆さま、AndroidとかWindows Mobileとかもいいんですけど、どうかこのすばらしいPalm Preの国内販売をご検討くださいませ! ギズ読者の皆さまも、ドシドシとコメントでリクエスト送ってくださいね。いろんなキャリアに直訴していきたいと思いますんで...。あぁ、でも、日本市場って、これまでの経緯を振りかえってみても、とりわけパームの成功とは程遠いものがありますでしょうかねぇ...

Jason Chen(原文/湯木進悟)

4756147461
Palm Magazine Vol.25 永久保存版 (アスキームック) (大型本)


【関連記事】

Palm Preはマジでスゴいのか? iPhone及びAndroidとガチンコ13本勝負で徹底検証

発売目前! Palm Pre完全ガイドとFAQ

Palm Preがすごい(初見&動画&レビュー&株&価格予想)

意味不明だよ。Palm Preを買ったJohn君、自分のiPhoneを破壊する。

Palm Treo 680:赤いモノが大好きなガジェット女子のために