ネタフルモード:意外に険しい? 「iPhone 3G S」購入までの道のり

ネタフルモード:意外に険しい? 「iPhone 3G S」購入までの道のり 1

こんにちはこんばんは、コグレ@ネタフルです!

33回目となる2009年5月分からのピックアップしたネタでコラムをガツンと一本‥‥といくところだったのですが、今月は「iPhone 3G S」が発表されたタイミングでもありますのでこちらで!

ギズモード読者ならば深夜まで起きていた人も少なくないでしょうから、ちょっとおさらいになりますが時系列で振り返ってみます

新しいMacBook ProやSnow Leopardなどもちろん目玉発表の多いWWDCですが、Appleは当然のように最後にiPhoneを持ってきました。これまで噂された新機能を「iPhone

OS 3.0」として発表し、新機種として「iPhone 3G S」をドーン!

こちらもある程度の機能はリークされていたものの、個人的には10cmマクロにやられました。携帯電話で撮影するものって、ブログ用の写真が多かったりするじゃないですか。そうすると必然的にモノを撮る機会が増えるのですが「iPhone

3G」だと、やはりそこはちょっと弱いのですね。

他にもボイスコントロール、Nike+のサポート、さらには予定通りの動画撮影にコンパスと、で発売日はいつなのよ? 価格はいくらなのよ? って話です。

気になる発売日は(日本では)6月26日と発表されました。アメリカでの価格は16GBが199ドル、32GBモデルが299ドルです。意外に安い!

 そしていよいよ、ソフトバンクからも価格のアナウンスがある訳です。「iPhone 3G S」にも「iPhone for everybody」が適用され...

16GBモデルが480円/月(11,520円)

32GBモデルが960円/月(23,040円)

ということが明らかになります。安い!

MMS対応でメール着信音が可能になるらしいとか、ビデオガイドツアーを見て興奮しまくりとか、見事にApppleの戦略にやられまくっています。

そしてちょっと冷静になると「機種変更はいくらなの?」という疑問がわいてきます。とにかくナントカ割のコンボで、料金体系が複雑に見えてしまって、新規じゃなくて機種変更ならいくらなのか、というのが見えにくいのです。

真っ先に「iPhone 3G S」を購入しようとする人は、やはり初日に並んで購入した人が少なくないはずで、そのあたりを検証する人もブログに続々と現れます。

家内のソフトバンク端末を「iPhone 3G S」に機種変更し、自分の「iPhone

3G」とSIM交換しようかぐらいの勢いでいたのですが、なんとなく価格を追っていくと思っていたよりも高いような‥‥気がして‥‥きました‥‥。

そして冷静さを取り戻しました。←イマココ

シミュレーションをしている記事によると、結局のところ端末の残金が残っている人はそれを一括で支払い、そして機種変更するのが得策のようです。なお、16GBモデルを初日に購入しているぼくの残金は、50,400円です。

1年しか使っていないし、もともとの価格が高いので致し方ないのですが、気持ちしては「使わなくなる端末に5万円か!!」と思わざるを得ません。くううう。

どうしましょうね。発売日に購入する気満々だったのですが、ちょっと悩みはじめている自分がいます。

最後に今回、個人的に学んだことのまとめです。

端末はヨドバシなどで一括で買え

容量の少ないモデルを買え

【関連記事】

[N] Apple WWDC(Worldwide Developers Conference)2009レポート

[N] Apple、iPhoneのページに「iPhone 3G S」登場

[N] 「iPhone 3G S」日本での発売は26日8時から

[N] 「iPhone 3G S」MMS対応でメール着信音が可能に?

[N] 「iPhone 3G S」ビデオガイドツアーを見たらやっぱり是が非でも手に入れたくなった

[N] で、結局のところ「iPhone 3G」から「iPhone 3GS」に乗り換えるといくらなのか?

[N] ソフトバンクが「iPhone 3G」を下取りしてくれたらいいのに