アメリカポリスの新しい強力ガジェットが怖い

アメリカポリスの新しい強力ガジェットが怖い 1

悪いことはしません!

アメリカはペンシルベニア州のランカスターという街で地元警察が新しく発表したテーザー銃、X26 Tasers。

テーザー銃は、釣り針のような小さなフックが先についていて、撃った相手に命中するとビリビリビリーっとそこから電気が。

わーだめ、説明だけでもう痛いよう!

実際に導入する前に運悪くデモンストレーションの犯人役に選ばれてしまった地元警察官のこの痛そうな顔!

元ネタサイトでは、デモンストレーションの模様が動画ではなくなぜかスライドショーでみれます。

痛いのが苦手な人にはオススメしません。

[WGAL via Fark]

Sean Fallon(原文/そうこ)

4537252537
面白いほどよくわかる 世界の軍隊と兵器―アメリカの世界支配と各国の勢力図を読む (学校で教えない教科書) (単行本)


【関連記事】

トイレを電気椅子に変えた元死刑囚

格好良すぎる電気スタンド

「生協の白石さん」の次は「スタンガンの白石さん」が来る!(動画)

散弾銃の弾が飛ぶワイヤレス・スタンガン「XREP」の威力(動画)

100万ボルトのお財布サイズスタンガン「small fry」