多角形の車輪に深い意味があるかもしれない、中国の自転車

多角形の車輪に深い意味があるかもしれない、中国の自転車 1

どうして、わざわざこんな乗りにくい車輪にしちゃうんでしょうね。

前輪のフェンダー部分に北京五輪のマークをついた自転車をさっそうと乗るこの中国のおじさん。前輪が、5角形になっちゃってます。五輪と五角形を書けたのかともおもったけど、それじゃ後輪の3角形の意味は??

まあ、ただの酔狂なおじさんかな。

と、単純に思ったら実は深い意味があるかもなんですよ。その秘密を以下に書くと。

 

多角形の車輪に深い意味があるかもしれない、中国の自転車 2

もしかしたら、この車輪は応用運動学の父と言われた、フランツルーローが開発を支援し、その名を冠した「ルーローの三角形(多角形)」になっているかもしれないんだって。

うーん。このおじさんがそんなことまで考えていたとも思えないけどねー。でも、おじさんはこの自転車の製作に1年半もかけたというから、もしかしたら本当かもしれないね。

ただ、その噂の真偽はともかく、実際に普段乗りに使うと、腰を悪くしないかちょっと心配ですね。

[China.Org.CN via Dark Roasted Blend]

Jesus Diaz(原文/聖幸)

4309270190
自転車で遠くへ行きたい。 (単行本)


【関連記事】

中国発、平成生まれの美人ハッカー

今度は「iPod shuffle」似! 魅惑の「iPhone nano」なんちゃってケータイ最新モデル(写真ギャラリーあり)

いろんなエミュレータを搭載した中国製ゲーム機

中国、UFO目撃で沸く

世界一浮く素材、中国が開発