冷たい火星にも水が流れていたらしい

冷たい火星にも水が流れていたらしい 1
Image credit: NASA

今年はなんだか宇宙が流行ってますね。

エイムズ研究センターで火星の表面のシミュレーションをした結果、初期の冷たい火星でも、水が液体として存在できたという研究結果を発表しました。

これまでの研究結果、初期の火星は冷たく、表面温度が0度を超えることはたいへん珍しかったとされています。

でも、火星の地形の多くは水の流れにより形成されたものらしいのです。となると、初期の頃に水が液体として存在していないとおかしいわけです。

そこで研究チームが一所懸命研究した結果、火星表面に存在するケイ素、鉄、硫黄などの物質が水に溶けることで水の融点が下がり、0度以下でも凍らずに液体として存在していたようです。

水に塩を入れると融点が下がるのと同じような現象ですね。

この研究成果は「初期火星上での水溶液の凍結に対する安定性」というタイトルで、科学雑誌「ネイチャー」5月21日号に掲載されているそうなので、興味のある方は読んでみましょう。

NASA Scientists Find Evidence for Liquid Water on a Frozen Early Mars[via sorae.jp

(三浦一紀)

B001JPSL60
マーズ・アタック! [DVD]


【関連記事】

火星の高解像度写真は、チョー衝撃的でした

火星は雪が降る

人類が撮った最初の火星の画、大興奮でクレヨン画

宇宙を先取りして、火星の上を歩き回ってみました...(フォトギャラリーあり)

火星の気象条件を地球上で再現するシミュレーション訓練に潜入!(写真集)