半導体を手作りしたらすごい配線になった

半導体を手作りしたらすごい配線になった 1

CPU手作りしたら、こんなことになったんだそうです。

作者はSteve Chamberlinさん。1000ドル1253本のケーブルを使って、18ヶ月作って作成したのだとか。

大きさは約1平方フィート(約929平方センチメートル)。これだけややこしい配線をギッチリつめて、ようやくCommodore 64と同程度の演算能力なんだそうです。

半導体ってホントすごいってことが逆によくわかるDIYでした。

[Gadget Lab]

John Herrman(いちる)

4798004928
図解入門 よくわかる最新半導体の基本と仕組み―半導体/LSIテクノロジー入門 (How‐nual Visual Guide Book) (単行本)


【関連記事】

IC発明50周年

最新式インテルチップの作り方(動画)

超小さい青紫色低出力半導体レーザ、量産体制に入る!!

マギル大が新しい物質の状態を発見、チップ改善に使える可能性も

原子1個分の厚さしかない新素材「グラフェン」は強度も世界最高