ついに未来? スカウターみたいなメガネ

ついに未来? スカウターみたいなメガネ 1

戦闘力は測れなくても情報はみれちゃうもん!

ドイツ・フラウンホファー研究機構のフォトニック・マイクロシステム研究所の研究員がこのたび、情報を映し出すマイクロディスプレイの埋め込まれたメガネを開発してしまいました。しかも目の動きに応じて映される情報を操作することが可能なのです。

19.3mm x 17mmのCMOSチップがメガネの柄の金具の裏に埋め込まれています。メガネの柄からマイクロディスプレイに映されたイメージは、そのまま装着者の網膜に映され、1mくらい離れたとこからでも映された映像を読み取ることが可能。また、まわりのライティングに左右されずきちんと見えるように明るいOLEDを使用。

装着者はメニューをスクロールしたり、物を動かしたり新たな情報を引き出したりといったことを、1点を見つめたり、決められた方向に目を動かしたりするだけで操作できます。研究員は、この技術は医者やエンジニアにとってとても画期的だと考えています。

なんか、もしかしてスカウターよりすごいかも。でも、いつから実用化されるんでしょうかね? こういう未来的なアイテムってなかなか実用化までこぎつけるのが難しいようです。

[Fraunhofer via Fast Company]

Sean Fallon(原文/そうこ)

B000W01DPY
Let's!TVプレイ ドラゴンボールZ スカウターバトル体感かめはめ波 ~おらとおめぇとスカウター~


【関連記事】

ニコンからスカウターみたいな無線LANつきヘッドマウントディスプレイ「UP」が登場

バリアングル液晶モニター採用! Nikon D5000、5月1日発売

ジョン・レノンの命日に、メガネ系ネタ まとめ

見てないフリをするメガネ

アヴァンギャルドなメガネ