「落とした携帯は絶対取り戻す」ポリシーで殺人犯逮捕!

「落とした携帯は絶対取り戻す」ポリシーで殺人犯逮捕! 1

  

            

意志を貫くっていうのも、時には考えものなんですね・・・。

カルフォルニアでの事です。警察官が泥棒の被害にあった家の捜査をしている時でした。携帯が鳴り始めたので出てみると、電話の向こうから「ねぇ。僕の携帯見つけた?」って話しかけてきたんです。

この時、警察官のUri Nievesさんは「これって泥棒が偶然にも現場に置き忘れていった携帯なんじゃ?」と直感を働かせ、携帯の持ち主に地元のBoys and Girls Clubで携帯を返すよと約束をとりつけました。

すると、Antony Ramirez容疑者は盗難車のNissan 350Zで、約束の時間現れました。Ramirezが到着するや否や、待ち構えていた警察官たちが群がりRamirezを取り押さえようとしたのですが、なんということか...その時は逃げられてしまったんです。しかもその後、彼が銃で殺人を犯して昨年から指名手配中な人物であることが発覚したのです。

凶悪犯人を捕り逃しちゃうなんて、ダメじゃん! と警察官にはガッカリですけど、ご安心ください。その後ちゃんとRamirezを逮捕することができたんです。それも、Ramirezが落とした携帯を諦めきれなかったおかげで・・・。

 なんと、無事に逃げ切った後もRamirezは携帯を返してもらうためのミーティングをセッティングしたいと、電話に何回もメールをしてきたんです...って携帯愛しすぎでしょ! それにしても、頭が弱すぎるの? 警察をみくびっているの? よっぽど大切な携帯なのかなぁ? と疑問がわいてくるかと思いますが、真意はRamirezのみぞ知るなのです。

ちなみに、残念な事にレポートにはRamirezがどこの携帯を使っていたのか書いていなかったんです。指名手配中の殺人犯が、自分の首を差し出しても構わないと思うぐらいな携帯だったんですから、ココ結構重要だと思うんですけどね・・・。

言うまでもありませんが、純金のiPhoneでも、その価値は無いです。

[SFGate]

-Sean Fallon(原文/junjun )

4797345152
ケータイチルドレン 子どもたちはなぜ携帯電話に没頭するのか? (ソフトバンク新書) (新書)


【関連記事】

SMAP草彅剛逮捕で地デジのCMが打ち切り

Googleの検索履歴が証拠になって、ひき逃げ犯が逮捕される

白バイならぬセグウェイ警官が飲酒運転を逮捕!

これ、銃に見えますか? 危うく逮捕されちゃうとこでした

絶滅危惧種のイグアナを食べちゃったカップル、Facebookの写真がもとで逮捕される