海に浮かぶ、謎の球形の巨大物体の正体は

海に浮かぶ、謎の球形の巨大物体の正体は 1

「実は日中に、月はこんな風にメンテナンスされているんです。」

そんな事を言っても誰も信じる人はいないと思いますが、この写真の物体はそれを彷彿とさせますね。もちろん、これは月ではありませんが、それではなんでしょう。

これは実は!

イニシャルが「X」のアレなんです。

 

海に浮かぶ、謎の球形の巨大物体の正体は 2

これは、実は米国国防総省が、ミサイル防衛用に配備をしているレーダー「海上配備Xバンドレーダー」です。石油の採掘基地のプラットフォームの上に設置されたレーダーは5000kmもの範囲を探知可能です。

Wikipediaによると、このレーダーは、「2009年6月23日現在、アラスカのそのアリューシャン諸島ベースから、沖合ハワイの方へ動かされました」とあります。

この航海は、北朝鮮の潜在的な驚異に対してのものと見られています。僕は、この高性能なレーダーのハワイへの航海が無駄足になることを願っています。

[Wikipedia]

Jesus Diaz(原文/聖幸)

4576070509
ミサイル学―これが脅威の実態だ! (二見文庫) (文庫)


【関連記事】

カーナビと合体したレーダー探知機

ミサイル発射基地、売ります

北朝鮮の長距離弾道ミサイル、惨めな失敗に終わる?(動画)

全核保有国の爆弾入手ルート相関図

北朝鮮、2015年までに月を自国に運ぶ予定か?(動画)