「世界の闇の勢力」が狙う、2012年の計画とは!?

「世界の闇の勢力」が狙う、2012年の計画とは!? 1
マイスピより:この地球が、2012年に何らかの大きなシフトや、カタストロフィを迎えるかもしれないというのは、スピリチュアル界ではすでにお馴染みのトピックス。

そして、2012年に向かって、スピ業界では関連本の出版が相次いでいる。

数ある「2012年問題」を導く諸説の中には、フォトン・ベルト説、太陽系ニビルの影響による太陽嵐説、マヤ暦終了説、5次元移行説etc.など色々あるが、中でもひときわユニークな見解を持つのが、真実を追究するノンフィクション作家、ベンジャミン・フルフォード氏によるイルミナティ(ブッシュ親子、ロスチャイルドやロックフェラーなどがトップに君臨する世界を裏から支配する闇の勢力)による人工的世紀末、「プロジェクト・ブルービーム」説というもの。

彼の新刊、『闇の権力と闘う男 ベンジャミン・フルフォードという生き方』によると、プロジェクト・ブルービームとは、イルミナティがあのNSA(アメリカ国家安全保障局)と協力して、2012年のクライマックスに驚くべき一大プロジェクトを目論んでいたらしい。

このプロジェクトでは、まだ一般世間には公開されていない前代未聞の高度なテクノロジーの数々が駆使される予定になっていたとか。

続きを読む