世界初、火を使わない家庭用打ち上げ花火(動画あり)

2009.07.01 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

090630hanabi.jpg


写真はセガトイズから8月1日から発売される世界初の家庭用打ち上げ花火玩具「家(うち)あげ花火」。

原理はプラネタリウムと同じように、壁に花火を投影する仕組みになっていて、5つの可動式投影レンズによって部屋中に花火が打ちあがります。以下に使用している動画を置いておきます。
 


動画は昨日行われたセガトイズ発表会で撮影したもの。間近で見てみるとそのリアルさがよくわかります。花火が5個のカメラによって別々に投影され、天井に大花火、壁に子花火など振り分けることが可能。つまり部屋全体が花火に覆われて、花火に囲まれている感覚がするんです! 


IMG_1059.JPG


ギズモード的にはこの投影レンズに注目ですねー。動作中は「ウィーン、ウィーン」ってそれぞれ動いている姿はまさに花火ロボット。さすが家庭用プラネタリウムを作っているセガトイズさんの技術って感じです。


090701ka-to.JPG


カートリッジも同時に発売されるようで、「隅田川花火大会」カートリッジはあの有名な隅田川花火大会を再現しているんだとか。今年は不景気でスポンサーがつかず、各地の花火大会は中止に追い込まれているところも多いみたいですが、これを使えば雨の日も、不況も関係なしで、いつでも家で花火大会が楽しめますねー

お値段は1万5540円で、発売は8月1日からです。


(遠藤充)


B002F8X9DU
家(うち)あげ花火




【関連記事】
セガトイズ「いやし房」:棒きれがあなたを癒す
LED羊で花火大会を楽しむ羊飼いのおじいさん(動画)
NASAが見せる「宇宙の花火」
オサレすぎる、大人な花火
いたるところで花火が乱発する、オスロの年明け風景

※ご指摘ありがとうございます! 記事修正しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

お財布なしでもコーヒーが飲める。スターバックス×FeliCa、モバイルペイメントの時代へ

PR

支払いのスタイルが変わろうとしているのかもしれません。 財布から紙幣や硬貨を取り出して代金を払う。当たり前の支払い方法です。しかし今、この従来の支払いとはまた違った、新しい支払い方法に注目が集まって...
続きを読む»