クリックできる現実世界とは?

クリックできる現実世界とは? 1

なるほど...。

ジョージア工科大学とエモリー大学共同のHealthcare Robotics研究室はクリック可能な現実世界を実現するために試行錯誤中です。

クリック可能な現実世界?

仕組みはグリーンレーザーがマウスの役割をして、現実にある物を選択(クリック)、そしてその命令をロボットに伝えロボットが指示に従うということです。

クリック可能な現実エリアはヴァーチャルなボタンに囲まれています。

レーザーで物を照らします(クリック)、するとロボットがその照らされた物をつかんで持ち上げます。一旦ロボットが物を持ち上げると、また別のヴァーチャルボタンがロボットの周辺をマッピングします。この後、自分の近くにレーザーを照らすと、ロボットが自分のところまで物を持ってきます。

テーブルを照らすと物をテーブルに置きます。床を照らすとその位置までロボットが移動します。

というのが、クリック可能な現実世界の一連の流れだそうです。ジャンプ後に動画を置いておきます。

 

これがもっとスムーズに動くようになったら、きっと医療等、多くの分野で活躍することになるんでしょうね。

[Vimeo via HCR]

Rosa Golijan(原文/そうこ)