ディズニーのウェブ広告は科学の力でできてます。

20090730disneyad.jpg

夢の世界でも科学の力が必要な時があるのです。

ディズニーは「どのようなタイプの広告が他のものと比べてより見られるのか?」

というのをオースティンにある研究室に何百万ドル(何億円)と投資してリサーチしているそうです。

この研究室では、目線の移動、心拍数、皮膚温度、顔の動き等からユーザーのリアクションを割り出して、どのようなものが人の目をひく魅力的な広告かというのを調べているそうです。

なるほど、ウェブ広告はやはり重要なビジネスなのですね。

コンテンツをみたいのに広告が邪魔だと思うこともあり、でも広告収入も企業にとっては大事なのだろうと思い、なかなか難しいですねぇ。

[NY Times]

Adam Frucci(そうこ)