1932年の特許から、ありそで無かったスイーツ発見!

1932年の特許から、ありそで無かったスイーツ発見! 1

       

なんで、こんなに素晴らしい特許が日の目を見てないんだろう?

これ、1932年に出された特許なんですけど、何だと思います? 兵器とかじゃぁありませんよ。もっと甘くておいしいものに使うんです。

答えは、バナナにアイスクリームを注入するガジェット「バナナインジェクター」! バナナの中心部にアイスクリームが入ってるなんて! その上にチョコなんてかけたら、超~美味しそうじゃありませんかぁ~。資料によると、このバナナインジェクター説明はこんなかんじ。

本発明はバナナの中心部をくり抜いて、その穴をアイスクリームで満たす機械。バナナくり抜き機であり、アイスクリーム注入機でもあります。

本発明の第一目的は、バナナとアイスクリームを同じぐらい消費してもらうこと。シリンダーがナイフの先のような形をしているため、簡単にバナナをくりぬいたり、アイスクリームを詰める事ができます。そのうえ食べやすく、見た目にも魅力的にバナナとアイスクリームが融合します。

ん~。いい感じですねー。Blamのポストにもあるように、アイスクリーム以外にもピーナッツバターとジャムを詰めたら、最高のおやつが出来ちゃうよ!

このガジェットが生れてから75年、あとどのぐらい待てば僕の手に入るんだろう?「DIYしない限り一生ムリだろ~」なんて空耳がっっ・・・・。

[Novah 11]

-Adam Frucci(原文/junjun )