3Dでビルの壁面に映し出される幻想世界(動画)

7分くらいインターネットのビデオを見て時間つぶしてもいいな、とおもったらぜひこの動画を見てみてください。

なんと、ミニマルにデザインされた美術館の建物の壁が3D映写のイリュージョンで劇的に変貌します。息をのむような仕上がりです。作品のタイトルは「もし家が夢を見るとしたら、どんなふうになるだろう」です。

ドイツのハンブルグにある近代美術館の建物は建築家 O.M.Ungersの設計によるもの。そしてそこをキャンバスにして幻想的な映像を繰り広げるのはUrbanscreenのアーティストたちです。アートディレクションを行ったのはDaniel Rossa。

動かないはずのビルの壁がこんなにダイナミックに見えるなんて!

これはぜひ生で見てみたいですね。

[Urbanscreen via freshome via Engadget]

Mark Wilson(MAKI)