50日で自分の歯が再生できる! 入れ歯も差し歯もサヨウナラ~

50日で自分の歯が再生できる! 入れ歯も差し歯もサヨウナラ~ 1
ネズミがガム噛んでるところとか、魂が抜け出てる瞬間でもありません。

このネズミの口内にある緑色の塊は、完全に機能的な再生医工学で作られた歯なんです!こんな素敵な研究を成功させたのは、東京理科大学で「歯の再生式療法」を研究している辻孝教授。

教授のおかげで、(ここからは、この小さなネズミくんをJerryと呼ばせてもらいますが、)Jerryくんは、歯を一本失ったのに、科学の力を借りて新しい歯を取り戻すことができたんです! で、どんな風に? といいますと、その仕組みはこんなかんじ。

まずは、新しい歯を作り出すために研究者たちは上皮細胞と間葉細胞をマウスの胎児から取り出して、それらをコラーゲンベースの溶剤で培養して、歯になる可能性のある組織の塊、つまり小さな歯の芽を作りました。

この組織の塊を、Jerryくんが失った歯があったところにインプラントすること50日、Jerryくんは、再びチーズにかじりついて、以前のようにムシャムシャ食べれるようになりました。新しい歯は他の歯と同じ高さまでに成長し、同じぐらい硬く、同じように血管と神経が通っています。ほとんど完璧に歯が再生されたんですね。スゴイ!

研究者は、この生物工学のプロセスによって、いつの日か総入れ歯や義歯が不要な物になることを願っています。確かに、合わない入れ歯で苦しみたくないし、いつまでも自分の歯でご飯食べたいですからねー。お値段次第なところもあるけど、気になる技術です。

[PinkTentacle]

-Rosa Golijan(原文/junjun )

 

*ご指摘ありがとうございます、記事修正いたしました!