アップルがGoogle Voiceを却下した件でFCCが捜査開始

アップルがGoogle Voiceを却下した件でFCCが捜査開始 1

むむ、FCC(米国連邦通信委員会)が動いてしまいましたよ。

アップルのAppStoreがグーグルのGoogle Voiceアプリの承認申請を却下した件で、金曜、FCCは却下理由と、AT&Tの関与の有無など詳しい事情の説明を求める質問状をアップル、AT&T、グーグルに送りました。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)の初報より引用。;

今回の要請は、各種人気携帯の携帯キャリアと携帯メーカーの間の独占契約について同委員会が進めている広い範囲の捜査の一環で行われたもの。FCC会長Julius Genachowski氏は木曜、かかる独占契約のせいでカスタマーが最新高級携帯を購入できない遠隔地の現状もFCCは調査していく、と語った。

FCCは今年、米議会からの要請でキャリアとメーカーの独占契約の実態調査に乗り出しました。今回の質問の重点は、携帯で走るVOIPアプリですが、VOIP以外の領域にも及んでます。

・アップルはストアに申請された他のVOIPプログラムをどう扱ったのか?

・AT&TはiPhone以外の携帯ではGoogle Voiceの利用を許可しているのか?(Blackberryは許可して、iPhoneは許可しないのは何故か?)

・アップルがiPhone対応のGoogle Voiceを却下し、他アプリをストアから削除を決めた際、AT&Tは何らかの役割りを演じたのか

・アップルがこれまでに却下したアプリは何か? 却下理由は?

質問状全文(英文)はTechCrunchで読めますよ。AT&Tは

「AppStoreのアプリ承認・管理には一切関知しない。質問状は受理した。もちろん回答する」

と話しています。3社の回答が出揃い次第、結果をお知らせしますね。

お上の圧力でGoogle VoiceがiPhoneに出ると必ずしも決まったわけではないですけど、今回のようなことはアップルもこれからやりづらくなるでしょうね...。

[WSJ, San Jose Mercury News]

Jason Chen(原文/訳:satomi)