iPhone自殺その後~アップルが故人の彼女にMacBook寄贈、etc.

iPhone自殺その後~アップルが故人の彼女にMacBook寄贈、etc. 1

iPhone試作機紛失取調べを苦にFoxconn社員・孫丹勇(Sun Danyong)さんが自殺したと思われる件で、アップルは孫さんのガールフレンドにMacBook1台を寄贈、Foxconnからは遺族に4万4000ドル(約417万円)の見舞金が支払われました。

Foxconn中国ゼネラルマネジャーのジェイムズ・リー(James Lee)氏がNYタイムズに長々と語ったところでは、孫さんにはこれまで製品紛失の前歴があり、「いったん紛失し、あとで見つかったことが何度かあった」そうです。「誰が製品を取ったかは分からないが、それは彼のところで止まった」(リー氏)

同紙の事件背景のまとめを、最後の行まで見てみましょう。

 全体の構成はこうです。

1)世論の反応:アップルの秘密主義とFoxconnの社員待遇に非難が集中した

2)市場環境:競争の激しいスマートフォン市場で国際企業がデザインと知的所有権を保護する難しさ

3)土地柄:現場の中国南部深センは、海賊版と偽造で有名な家電製造の中心地

4): 中国ではiPhoneの海賊版・模造品が広く出回っており、ネットでは工場から試作機がリークしているという噂が絶えない。

5)人権団体の反応

  ・労働者権利保護団体はこの死を受けアップルも、中国のサプライヤの工場の労働環境・待遇改善に努めるべきだ、と話している。

  ・NYの監視団体「China Labor Watch」は、「Foxconnの基本的人権の尊厳にもとる非人間的な軍隊式の管理システムのせいで起こった死」と談話

6)Foxconnの反論(上述)

 ・「当社としても、こういった批判から自衛するのは非常に難しい。[...] ぜひ足を運んで、ここで社員がどう扱われてるかご覧になってください」(リー氏)

7)遺族の談話

8)取材後のちょっとしたエピソード

で、記者さんは6)で取材許可が出たその日(24日)にすかさず深センの拠点を2ヵ所視察して回りました。うち1ヵ所は孫さんの勤務先。敷地内は店、銀行、郵便局、社員寮の高層ビル、屋外プールもあり(工場内部は企業秘密に関わるので見せてもらえなかった)、門の外で社員をつかまえて待遇を聞いてみたら、15人に1人は労働基準以上に残業が長いと認めたそうですが、みんな良好だと答えたそうです。

工場のより詳しい内情は、5)にあるChina Labor Watch(中国労工視察)が昨年まとめた内部調査報告書(英語)がウェブで読めます。中国と米国では生活水準に開きがあるので、中国の昔を知る人は米版に「先生窓から放り出してた昔に比べりゃ今はだいぶ良くなった。中国もがんばってる」って書いてるし、その辺は頭に入れとかないと、こういう資料はなかなか読み解けませんけど。

気になるのは7)ですが、リークの疑いの目が向いた点について、孫さんの兄(28歳)は「弟は正直で控え目な人だった。盗みを働くなんて絶対あり得ない」とNYタイムズに語ってます。また、23日の葬儀で、灰になった息子の遺骨を抱えて立っていた父親は、会社は良くしてくれたと話しましたが、あれほど気立ての優しい気遣い屋の子がビルから飛び降りることができたなんて、と、ショックから立ち直れない様子だったそうですよ。

興味深いのは8)です。孫さんがどんな人たち相手に働いてたか、これ読むと少し想像できると思います。

なんでもこの取材のすぐ後に、警備員がFoxconnのシャツ着た男2人を従えて記者の女性通訳のところに乗り込んできて、遺族にこれ以上しつこく取材したら「ボコボコに殴ってやるからな」と脅したんだそうですよ? 

Foxconn側はうちの社員にそんな警備員はいない、警察じゃないかって話してます。

まあね。きっと競合他社の社員が成りすましたとか、なんかその辺のゴロがFoxconnのシャツ着た男たちと組んで口封じしたんでしょう。いやだからそのなんだ、冷やかしで。ま、なんでもアリですよ。

[NYT]

matt buchanan、Mark Wilson(原文1原文2/訳:satomi)