マイクロソフト、iPhoneへラブコール! Windows Mobileとの共通アプリを呼びかけ

マイクロソフト、iPhoneへラブコール! Windows Mobileとの共通アプリを呼びかけ 1

iPhoneよ、Windows Mobileにお恵みを...

なんとか斬新さが売りの「Windows Mobile 6.5」で波に乗り、iPhoneに奪われまくってるスマートフォンユーザーのシェアを、アップルから意地でも取り戻したいマイクロソフトが、捨て身のラブコール戦略へと打って出てきましたよ。もうウチは固いこと言わないから、だれでもiPhoneから乗り換えてきてよ...って勢いでしょうか。

例えば、上の写真はiPhoneアプリの「Amplitude」なんですけど、マイクロソフトの開発者支援サービス「MSDN」上で、いかにしてWindows Mobile 6.5対応アプリに変換できるかの詳細を解説中。がんばってコードを少しいじるだけで、どんなに簡単にターゲットユーザーを広げられるのかを熱弁してますね。

当のマイクロソフトは、iPhone向けに作ったアプリを、Windows Mobile向けにも提供することで、一気にユーザーベースが拡大して売り上げアップにつなげられるので、もうまさにWin-Winですよってまくし立ててますけど、でもユーザーインターフェース(UI)とかは、iPhoneからWindows Mobileへと移った瞬間に、ちょっとショボクなっちゃいそうですねぇ...。

[MSDN via PCWorld]

John Herrman(原文/湯木進悟)