燃えたiPodに対する返金の条件は機密保持条約のサイン

燃えたiPodに対する返金の条件は機密保持条約のサイン 1
この写真はEllieちゃん本人と、燃えたiPod Touchの実物です。

イギリスのTimes紙が報じているところによれば、イギリスの11才の娘のiPodが爆発したという父親が返金を求めたところ、Appleはその条件として、機密保持条約のサインを求めたとのことです。この父親はサインを断りました。

リバプールに住むこの男性Ken Stanboroughさんは、将来自分や自分の家族がうっかりこのことをだれかに話してしまった場合でも、Appleに訴えられるような内容だったためと話しているそうです。

Stanboroughさんによれば先月、11才の娘Ellieちゃんが所有しているiPod Touchからシューシューという音がして、とっさに投げ捨てた後湯気のようなものが上がったような気がした、と思ったら30秒ほどでポンと音がして爆発、煙が3mほど上がったそうですよ。

[The Times]

Danny Allen(MAKI)