お気に入りの生地で、ノートPCケースを自作するという選択肢

090814_laptopsleeve_listing_ars-thumb-640xauto-7490_th.jpg

ぐだぐだ言ってないで、自作しちゃえばいいじゃない

そんなあなたに朗報ですよ。Ars Technicaにはお気に入りの生地でノートPCケースを自作する方法が詳しく載っています。なんたって、自作ノートPCケースのいいところは好きなデザインで、自分のノートPCの寸法ぴったりに思いのままにつくれること。落下はきつそうですが、傷からも大切なPCをちゃんと守ってくれますしね。

ただ、元ネタを見てもらうとわかりますが、基本的なスキルを前提としているのがちょっと難。ミシンとか待ち針とかも必要ですしね。米GIZMODOではボタン縫いがちょっと...。なんて意見も出ています。たしかにボタン縫いって難しいんだよなぁ。

という僕も昔、自作でMacBook Airケースを作ったんですよ。それはボタン縫いもない画期的な手法(ただ面倒くさかっただけ...)で自作しました。詳細は以下から!

 

090814DSC_0652_th.jpg

その名もMacBook Air靴下! 見た目はアレですけど結構いい感じですよ。生地にアクリルボアを使用して、モコモコしていて結構心地よいっす。(完成度は...)

090814DSC_0650_th090814DSC_0653_th 090814DSC_0654_th

まぁ、夏休みですし、みなさんも生きていく上で必要なスキルだ! とでも思って挑戦してみるのはいかがですか。もし作ったら、作品はギズに投稿してくださいねー。お待ちしております!

[Ars Technica]

Dan Nosowitz(原文/遠藤充)