カンタンケータイの高機能化はどこまで許される?

カンタンケータイの高機能化はどこまで許される? 1

auの新型カンタンケータイ「K003」がローンチ。そこでコイツの特徴をまとめてみました。

・スライド式電源スイッチ

・microSDHCメモリーカードに対応

・フォトギャラリー

・歩数計

・機能の音声呼び出し

・表示された文字の音声読み上げ

・オートフォーカスカメラ

・ノイズキャンセル機能

・文字入力練習機能

・光で操作ナビ機能

もちろんGPS、メール、動画撮影なども機能も使えます。

カンタンケータイはもともとシニア層を狙ったアイテムでしたが、シンプルisベストを求める20代にも好評。そこで各キャリアはモデルチェンジの度に新たな機能を搭載したカンタンケータイをリリースし続けて、少しずつですが「これってシンプル?」な機能も散見されるようになってきました。

個人的には電話、電話帳、カメラ、メール、GPS(地図表示と現在地をメールで即送信できる機能)と大きくて文字が見やすい画面だけでいいと思うんですけど、市場のニーズは違うのでしょうか。

でもK003のスライドスイッチはサイコーですよね。映画館など、音を鳴らしてはいけない場所でもすぐ電源OFFにできますから。この機構はすべてのケータイに搭載してもいいと思いますよ!

K003[KDDI]

(武者良太)