アップル、アマゾンと手を組む可能性! 謎のタブレットで電子ブックを共同サポート

アップル、アマゾンと手を組む可能性! 謎のタブレットで電子ブックを共同サポート 1

それほど電子書籍に未来はないってことですかね...

いよいよ来月にもアップルから発表される「iProd」なる新タブレットが、iPhone&iPod touchの仲間入りを果たすのでは...との期待も高まる中で、その噂の一角を、あのeブックリーダー「Kindle」までギャフンといわせるような新事業が立ち上げられるとの話題が占めるようになっていたのですが、どうやらその可能性は薄そうですよ。

間もなくアップデートされる「iTunes 9」のリリースに合わせるように、一時はiTunesストアに大量の電子ブックをそろえる新コーナーを立ち上げて、本格的にアップルがeブックリーダーを売り込んでいくのではないかとも予測されていたようですけど、このほどある情報筋から明らかになった話では、映画や音楽コンテンツとは対照的に、あまりにも電子書籍の市場規模が小さく、業界の先行きも暗すぎることから、スティーブ・ジョブズCEO自らが、その計画にストップサインを出したんだとか。

ただし、同社製品をサードパーティーが提供する電子ブックストアに対応させることにはやぶさかではなく、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOとタッグを組み、謎の新製品の共同発表すら迫っている雰囲気が漂ってるんだそうです。そういえば、すでにiPhoneでKidleのブックストアにアクセスOKな「Kindle for iPhone and iPod touch」まで出てることですし、この関係を一層強化する共同開発製品という路線もあり得る話でしょうかね...

[BusinessInsider]

John Herrman(原文/湯木進悟)