ネタフルモード:できたてほやほや!Twitterを彩る便利サービス7選

090821netafull.jpg

こんにちはこんばんは、コグレ@ネタフルです!

35回目となる2009年7月分からのピックアップしたネタでコラムをガツンと一本。チョイスしたネタは「Twitter」です!

ミニブログとかマイクロブログとか呼ばれる「いま何してる?」を投稿するだけのサービスが「Twitter」です。つぶやきなんて称されて、最近は有名人や芸能人も使いだして、微妙に流行りつつあるのをご存知でしょうか。

ギズモード読者だったら既にアカウントを持っている人も少なくないと思いますが、今回は「Twitter」周りでリリースされたばかりのユニークなサービスや、便利なサービスをご紹介したいと思います!

それではまずはこちらから。

友だちの友だちは皆友だち的な感じでTwitterのフォローを増やす「Twubble

http://www.crazybob.org/twubble/

最近は「おすすめユーザ」というのができて、とりあえず20人くらいフォローできるようになっているみたいですが、もっとフォローしまくりたい!

という人におすすめ。フォローしている人がフォローしている人を抽出してくれます。

Twitterのフォロワーの統計データをグラフ化してくれる「TwitterCounter

http://twittercounter.com/

自分のフォロワーがどんな風に増えたのかとか、自分は毎日どのくらいつぶやいているのかとか、そんな統計データを眺めることができるサービスです。

TwitterMap」TwitterのつぶやきとGoogleマップをマッシュアップ

http://twittermap.jp/

「Twitter」のつぶやきとGoogleマップをマッシュアップしたサービスです。要するに、地図上につぶやきが表示されます。「え、こんな身近なところでつぶやいている人がいるの!?」と、ちょっと驚くかもしれませんよ。

読んだ4!」Twitterで読書記録するサービス

http://yonda4.com/usage

「twitter」で読書記録することができるサービスです。一言コメントも入れられます。専用のアカウントに対してつぶやくのですが、自分専用のページ(http://yonda4.com/user/kogure)も作成されますので、読書記録を「Twitter」でつけたい人には便利ですよ。

そして「Twitter」の特長的な使い方に「RT」というのがあります。これは「ReTweet」の略なのですが、要するに他の人のつぶやきを、自分のフォロワーに対して転送する記述の方法です(次回のアップデートで公式な方法になるそうです)。

この「RT」の回数を計測して、人気のURLや人気のRTを分析するサービスも登場しています。

ツイブ(Twib)」TwitterでつぶやかれたURLを集めて人気順に表示

http://twib.jp/

「Twib」は「Twitter」でつぶやかれたURLを集計し、人気順に表示してくれるサービスです。必ずしもRTだけに限りませんが、必然的にRTされるURLが上位に出てくるのでしょうね。ソーシャルブックマークの「Twitter」版という感じでしょうか。「Twitter」内で何が人気あるのか、というのが一目で分かります。

ReTweeter」Twitterで盛り上がっている話題をRTで分析

http://retweeter.unicco.in/

「ReTweeter」は、Twitterで盛り上がっている話題を、RTされた数、RTしたユーザのフォロワー数から分析するサービスです。RTされて人気のURLだけでなく、RTされたユーザ、日別のランキングなどを見ることができます。

「Twitter」は自分が眺めているタイムラインが全てに思えてしまうことがあるのですが、こうしたサービスを使っていると、自分に見えているのは本当にごく一部だと改めて感じます。

最期にSafariユーザにとっても便利な拡張スクリプトをご紹介しておきます。

Twitter向けSafari拡張スクリプト「pbtweet」が超便利

http://web.me.com/t_trace/pbtweet_ja.html

「Twitter」を閲覧するためのスクリプトなのですが、返信がインラインで繋がったり、ポストされている写真をサムネイルで表示してくれたり、RTボタンがあったり、さらには外国語を日本語に翻訳してくれたり!もう至れり尽くせりなのでぜひ使ってみて下さい!

ギズモード・ジャパンの公式アカウントもよろしくです。たまにつぶやいてます。

 

(コグレマサト)