寿司職人も顔負け! 美味くて速いモバイル寿司ロボット「天-TEN」

寿司職人も顔負け! 美味くて速いモバイル寿司ロボット「天-TEN」 1

充電式でコードレスの寿司ロボは世界初ですよ!

なんかPCの電源ボタンみたいなスイッチもあるし、いかにもミニタワー型なデスクトップパソコンのようなんですけど、でも、お米が入ってるんですよねぇ...!? えっ、もしや「Windows 7」に合わせて発売ですか?

そんなわけありませんよね。こちられっきとした正式発売直後のモバイル寿司ロボット「天-TEN」であります。子どもや女性でも簡単操作できちゃうのに、まるで寿司職人が握ったのかと勘違いしそうな食感&寿司玉の形の良さが話題を呼んでるんだとか。

ホームパーティーなんかで大活躍しそうな天-TENロボ君の秘密はね、ちょっと続きにてご覧くださいませ。

 

寿司職人も顔負け! 美味くて速いモバイル寿司ロボット「天-TEN」 2

関西は神戸エリアを中心にして、環境・エネルギー、情報通信・エレクトロニクス、ロボットなどなどの分野で最先端技術や新製品サービスを展示披露する「国際フロンティア産業メッセ2009」にやって来ましたが、まさかこ~んな場違いな寿司バーみたいなブースがあるとは思いもしませんでした! 普段は会社で事務職らしいお姉ちゃんも、ちょっと今日はコンパニオンとして緊張気味かな...

寿司職人も顔負け! 美味くて速いモバイル寿司ロボット「天-TEN」 3

ブルー・レッド・イエロー・グリーン・グレーの全5色カラフルラインナップの天-TENロボ君は、シャリ(寿司飯)をセットして電源をオンにするだけで即始動する手軽さがウリですね。握ってほしい時にスタートボタンを押せば、ぽぽんと寿司玉が出てきますよ。最もセッセと働くモードで、1分間に20個、1時間に1200個もの寿司を握り続ける性能があるんだとか。おまけに好みに応じて、握り具合を3段階に調整することもできますよ。

実は天-TENを開発したトップは、これまでも外食産業向けに各種業務用の寿司&おにぎりロボットを提供してきたんですけど、もっと身近に楽しくファミリーで親しみやすいロボットを...との願いから、天-TENを誕生させるに至ったんだそうです。

とりわけ業務用ロボットですと、調理場の一角に据え置いて、コンセントに常時つなぎながら仕事してもらう利用シーンになりますけど、デザインにもこだわった天-TENは、持ち運びしやすいコンパクトなモバイル性能に、リチウムイオンバッテリーまたは単3乾電池でも動作するコードレス仕様に仕上がったメリットが大きいようですね。あと充電&給電時に用いるACアダプターは、100V~240Vまでの全世界電源対応にこだわってます。「Mobile Sushi Robot」として、なかなか本場の寿司職人さんに出会えない海外でも、天-TENは大活躍...ということで、これから世界各国へ大々的に売り込んでいくとのことですよ。

寿司職人も顔負け! 美味くて速いモバイル寿司ロボット「天-TEN」 4

カウンターで天-TENロボ君に寿司を握ってもらいながら、日頃は調理なんかとは無縁の開発現場にいる社員さんが忙しく動き回るトップのブースは、もしかすると会場内でもトップの大賑わいでした。まだ商品化されて間もないので、天-TENロボ君1台の値段は39万8000円と、決して安くはないんですけど、居酒屋やファミリーレストランのテーブルサービスとか、出張ケータリングサービスとかで、家族やパーティー利用のレンタル向けに人気が出そうな雰囲気なんだそうです。

ちなみに、もっともっと値下げして、一般家庭向けにホームタイプのミニ天-TENロボ君をリリースする予定も視野に入れた研究開発が、引き続き進められていく計画もあるとのことなので、ここは期待したいですよね。それまでは、さすがは関西のメーカーさんです、ツッコミどころ満載の天-TENロボ君エンターテインメントコミックが、「ファミレス編」「居酒屋編」「デリバリー編」「ホテル編」と用意されてますので、どうぞお楽しみくださいませ。

(湯木進悟)