100種類のカラーバリエーションを用意したデジタル一眼レフ「PENTAX K-x」

100種類のカラーバリエーションを用意したデジタル一眼レフ「PENTAX K-x」 1

ソフトバンク絡んでるの? と疑っちゃいます。

ペンタックスが新しく発表した「PENTAX K-x」のカラー展開がすさまじいです。カメラ本体20色×グリップ5色(全9色)の組み合わせで、100種類のカラーから選べます。公式サイトではカラーシミュレーターも用意されているので、色合いも確認できますよ。僕はこんなにカラバリ用意されたら困っちゃう人なので、無難に黒とか選んじゃうんですけど、選択肢の幅が広がるのはいいですね。

機能的に「K-m」との違いは、動画の記録ができるようになりました。そのほか撮影素子がCCDからCMOSに、ISOは12800まで対応しています。対応メディアはSD / SDHC。

レンズキット、ダブルズームキットが用意され、ホワイト・レッドにはそれぞれのカラーが施されたレンズキットが販売されます。レンズの色はブラックだけのようです。発売は10月中旬でレンズキットが7万円ほど。

PENTAX

(大野恭希)

 

※コメントありがとうございます! 修正しました!