豆腐にチョコレートまで...50種類の芸術カットをこなすスイス生まれのロボカッター

豆腐にチョコレートまで...50種類の芸術カットをこなすスイス生まれのロボカッター 1

人間はスイッチONだけでオッケーですよん。

野菜や果物のカットは料理の基本...とはいうものの、かなり手間がかかるんですよね。おまけに下手だし、うっかり指まで間違ってカットしちゃったり、もう大変なんだから。そんな悩みを一発解決してくれそうですよ。

豆腐にチョコレートまで...50種類の芸術カットをこなすスイス生まれのロボカッター 2

鮮やかなグリーンのボディーカラーも美しい、こちらのスイスのBrunnerから誕生した「anliker」シリーズのロボカッターは、すでに5世代目となる「GSM V」卓上モデルが完成しており、チョイスする専用刃に応じて、スライス・千切り・みじん切り・波切り・角切り・格子切り・おろしから、はたまたパルメザンやカール、フォンデュに至るまで、野菜や果物だけでなく、豆腐にチョコに、実に多種多彩な50種類もの食品カットをこなしてくれますよ。超スピードカットなんですけど、特殊安全装置により、人間の手は絶対に切れないようにもなってるんですよね。

大阪の商魂たくましきアゼットのアピールで、すでに日本国内でも有名テーマパークのレストランから洋和菓子のスイーツメーカーなどなど、続々と調理現場で導入済みなんだとか。ここ最近では、料理にも優しいケアが必要な介護福祉施設の厨房なんかでも引っ張りだこなんだそうですよ。

同じく「外食・中食設備機器フェア2009」に並んで登場した、究極のチャーハン調理ロボット「ロボシェフ」なんかとセットで使えば、もはや話題性では右に出るものなしですかね...

(湯木進悟)