ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 1

コーヒーメーカーdeクッキング、試してみました?

「MacGyver Chef のガジェットdeクッキング」第2弾で僕が選んだ台所ガジェットは、食器洗い機です。これで、お魚料理にトライしてみました。でも、実は...2種類の食器洗い機で調理してみたんだけど、いずれも刺身風かキャットフード風で食べるにはちょっと...という結果に...。

でも、あなたなら成功させられるかも? ってことで、一応クッキングスタート!

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 2

      

サーモンのホイル蒸し

【道具】

食器洗い機。1975年に製造された食器洗い機と、製造されて2~3年ぐらいたった比較的新しい食器洗い機で、両方とも安いものです。

【材料】

・小さめのサーモンの切り身(110グラムぐらい)

・オリーブオイル 適量

・塩コショウ   適量

・ライム     1/2個

 香菜ソース用 (Salonを参考にしました)

・バター    大さじ1

・塩コショウ  適量

・ネギ     1本(みじん切り)

・エシャロット  適量(みじん切り)

・ハラペーニョ  適量(種を取り除いてみじん切り)

・チキンスープ  1.5カップ

・香菜      2カップ(みじん切り)

・レモン汁    大さじ3

・サワークリーム 大さじ3

【メモ】

今回のレシピは、ちょっとズルしちゃいました。サーモン自体は食器洗い機で調理するけど、ソースは普通にフライパンとミキサーで作りました。MacGyver Chef 度を上げたければ、アスパラ/ブロッコリーなどの野菜に塩コショウ、バターをちょいとたらしてホイルで包んで、サーモンと一緒に食器洗い機で調理してみてください。火がとおりすぎないうちに取り出すといいですよ。

 

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 3

Step1

30センチ四方のアルミホイルを3枚用意して、そのうち2枚にバターや油を塗ります。ダイエット中の人はスプレーでオリーブオイルを吹きつけてもOKです。

Setp2

サーモンをバターか油を塗った面に写真のように置いて、塩コショウ、ライムを絞ります。

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 4

Step3

もう1枚のバターを塗ったアルミホイルで、蓋をして四隅を閉じサーモンを包み込みます。

この時、汁が漏れないようにシッカリと閉じてください。そうしないと1週間ぐらい食器洗い機が魚の臭いになっちゃいますよ。ということで、もう一枚のホイルでもう一度包みます。

Step4

図のように、ホイルで頑丈にコーティングされたサーモンを食器洗い機にセットして、食器洗い&乾燥の工程を選択します。

ちなみに、この時お皿を一緒にいれれば、レストランみたいに温かいお皿で食事をサーブすることができますよ。

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 5

Step5

ソースを作ります。今回はSalonのレシピにトライしてみました。簡単で、なかなか美味しいソースです。今回のサーモンにつけてもいいけど、タコスに合わせたら最高! って味だとおもうので、今度トライしてみよっと思いました。

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 6

Step6

これが最初に使った30歳ぐらいの食器洗い機。標準モードでも、お皿がかろうじてキレイになるぐらいのパワー。そんな食器洗い機で調理したサーモンは...

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 7

Step7

おっとっと...なんかおかしい事になっています。生っぽい、刺身風サーモンのホイル蒸しの出来あがりでーす。

【パワーのある食器洗い機】

そして、たまたまですけど、僕その週末に引っ越しをしたので、そこにあった新しい食器洗い機で再びトライしてみたんです。

ガジェットdeクッキング「食器洗い機」編 8

何か食器洗い機の中で核反応でも起こったんじゃないか? ってぐらいサーモンに火が通り過ぎました...。これじゃあキャットフードみたい...。

前回の刺身風サーモンはMacGyver Chefのポリシーからは逸脱しちゃったけど、フライパンで火を通して食べれたけど、今回のはパサパサ・サーモンは救いようがありませんでした...。

【結果】

2回連続失敗して思ったこ事は、食器洗い機サーモンは繊細すぎて、ちょっとハードル高すぎでした。勿論、もっと試行錯誤すれば、美味しいサーモンのホイル蒸しが出来るんだろうけど、その価値が無いような気がしてしまいました...。でも、もし誰かトライして、成功の秘訣がわかったらコメントください~。

それにしても、思いの他簡単にコーヒーメーカー・チキンが成功した後すぐに、この食器洗い機・サーモンの失敗は、かなり凹むなぁ。次のレシピ頑張ろっと。

-Dan Nosowitz(原文/junjun )