Flickrを使って3D再現されたローマの町並み

2009.09.27 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


観光客があちらこちらで撮る膨大な写真がこのように利用されるとは!

MicrosoftのPhotosynthのようですね。それもそのはず、Photosynthを発明したのと同じワシントン大学Graphics and Imaging Laboratoryからのプロジェクトです。
3Dに組み立てるアルゴリズムを作り、Flickrからから写真を持ってきてローマの街を映像化しました。映像にでてくるダイヤモンドのようなアイコンは、写真をとった人の位置と向きを表しているそうです。

Photosynthとの最大の違いはスピード
Photosynthはモニュメントや1つの建物を何百から何千の写真で再現するためのアルゴリズム。今回は15万枚もの写真で街全体ですから、プロセススピードが断然早くなっています。
早い、と言ってもローマの街のプロジェクトでは500台のコンピューターで13時間かかってるのですけどね。


[PopSci]

John Herrman(原文/そうこ)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4890136339
永遠の都ローマ物語—地図を旅する (大型本)



特別企画

お財布なしでもコーヒーが飲める。スターバックス×FeliCa、モバイルペイメントの時代へ

PR

支払いのスタイルが変わろうとしているのかもしれません。 財布から紙幣や硬貨を取り出して代金を払う。当たり前の支払い方法です。しかし今、この従来の支払いとはまた違った、新しい支払い方法に注目が集まって...
続きを読む»

 
【関連記事】
ブッシュ政権時代最大の技術進化(FBI最重要指名手配犯のウィジェットなど)
「鏡に映ったセルフポートレート」写真ギャラリー
どれが1番ギークな車か?
FlickrがHD動画に対応、そして無料会員に動画アップ機能を提供(動画)
MacBookのコピー品はネットブック感覚