iPod nanoのビデオカメラで初撮り10本!(動画)

090909nano_video_a

ビデオが撮れる新iPod nano、出ましたね!

上の写真は、撮影しながら4種類のフィルターをかけた映像を同時に確認できる4分割プレビュー画面です。すごいですね。

[iPod nanoレビュー]

マットを抑え、光沢アップ。角はやや丸みを帯びてるので、角のところで引っかく苦情も解消ですね。まあ、外見の違いはそれぐらいですかね。

 

090909nano_video_b090909nano_video_c

090909nano_video_e090909nano_video_f

違いは中身にあります。

ビデオカメラ

左下という妙な位置なので、右利きの人はレンズとマイクを指でふさいじゃって、ややウザい。録画サイズは640x480。エフェクトは約16通りあり、撮影しながらリアルタイムでエフェクトがかけられます。ズーム・編集機能はナシ。ベーシックな機能だけですが、必要なときサッと撮る分にはこれで十分ですよ。

注:スチル写真は撮れません。(ここでも書きましたけど)

歩数計・録音

操作はシンプル。何も考えなくても使えますね。録音機能はiPhoneと同じ。

FMラジオ

こういう小型端末はみなそうですけど、ヘッドフォン繋がないと聞き取りにくいです。nanoの場合、ヘッドフォンはどっちみち繋ぎっぱなしなので特に大きな問題じゃないですけど、今回はたまたまヘッドフォンがなくてFMの受信状態はテストできませんでした。

昔ながらのnanoのようでありながら、新機能も楽しめる新型iPod nano。洗練されたグロッシーな仕上がりもすごく素敵だし、ボイスオーバーなんかの新機能は、吹き替えとかにハマってる人には便利ですよね。

では早速その超スムーズなUIで撮った初映像を10本連続でご覧に入れましょう。

[iPod nanoで撮った初映像]

まずは「サイボーグ(cyborg)」フィルターをかけて撮った映像です。超ギーク&クールでバックグラウンドの音源(DiscoveryのLP)にぴったり合ってますね。動画停止時のボタンクリック音にもご注目。

 

次に銀幕を思わせる「フィルムストリップ(film-strip)」フィルター。35mmのフィルムみたいなブチブチとした質感が魅力。ブライアン・ラム編集長の後頭部もアートに撮れます。

監視カメラ(security-cam)風フィルター。罪なき通行人も不審人物に見えます。

ノーマル設定(フィルター抜き)で撮った、ある晴れた日のサンフランシスコ。カラーが少し色あせて見えます。レンズ位置が変なので、指で映像が塞がれちゃった部分も混じってます。

これと次の映像は比較用に撮ったもの。まずこちら。nanoで、光と色が様々入り乱れてるシーンをぐるりと撮ったものですね。次のも撮り方は一緒ですが、使った機種はFlip Minoです。

こちらFlip。やっぱFlipの方がカラーの出方は断然イイ(特に窓の外の花は違いが際立つ)し、映像もシャープですね。ま、全体で見るとそんな大きな差はないけれど。

暗所。思った通りnanoは得意じゃないみたい。暗所はFlip、Vadoみたいなポケットカムコーダーもnanoよりずば抜けて良いわけじゃないです。でもまあ、nanoで撮るときは照明が要りますね。

接写。これもnanoのウィークポイント。解像度640x480で、マクロ撮影モードはないので、ブライアンの本棚にあった金ぴかオブジェ(これは...何?)も微細なニュアンスまでは撮れません。でも暗所もそうでしたけど、考えてみたらnanoってHDカムコーダーじゃなくて超薄型のmp3プレーヤーなんですよね。接写・暗所とかの高機能求めるのは酷かも

X線(X-ray)モード。細部が撮れないnanoの欠点も目立ちません。「X線モードなんて何に使うの?」と言われると困っちゃうけどね...。

実践向きじゃないフィルターと言えば、サーマル(thermal)モードなんてのもあります。ブライアンと(ガールフレンドの)リサは文字通りの、レッドホット。熱々。

最後は「トンネル(Tunnel)」ビジョン。これもPhoto Boothから導入したフィルターですね。僕のお気に入りなので、こうしてnanoで使えるのはうれしいですね。

[感想]

レンズは位置が微妙(普通に構えると左下)。スクリーン下に十分なスペースがなかったので、この位置になったようですね。別の構え方をすると加速度センサで縦・横合わせてくれますが、そもそもレンズ位置が不自然なので自然に構えづらかったです(この使いづらさについてはtarosite.netさんが詳しくレポートしてます)。

iPod nanoのビデオカメラで初撮り10本!(動画) 1

因みに「なぜスチル写真が撮れないのか?」ですが、ジョブズCEOはNYタイムズにこう答えてますよ。

動画用のセンサはかなり薄い。スチル写真用のセンサは、もっと解像度を高くして、オートフォーカスも絶対確保したいから、そうなるととても厚くてnanoには搭載できないのだよ。

Dan Nosowitz、Brian Lam(原文1原文2/訳:satomi)