[PR]新しい『Office 2008 for Mac』でバリバリ仕事してみた

Sponsored

[PR]新しい『Office 2008 for Mac』でバリバリ仕事してみた 1

やっぱり便利なんですよね、Officeって。

9月18日に発売された『Office 2008 for Mac Business Edition』を、インストールしましたよ! 今回のバージョンは、昨年発売された『Office 2008 for Mac』のマイナーアップデートなんですが、パフォーマンス改善と新機能が追加されているようです。

今までWindowsユーザーだった僕が、今回初めて『Office for Mac』を使ってみました。ギズモード編集部のひとりとして、新しい『Office 2008 for Mac』をどんな風に使っているのか、1日の流れに沿って、ご紹介していきましょう。

 

[PR]新しい『Office 2008 for Mac』でバリバリ仕事してみた 2

 

10時出社と同時に『Entourage』でメールのチェックを開始。その日の予定も管理できるこのソフトで、スケジュールも確認します。あぁ、そういえば今日は、ライター会議の日時を決めなければいけない日でした。危ない危ない。

その日の予定とTodoは、「My Day」という機能によりデスクトップウィジェットのように表示させておくことができます。だから、一目で常に何をすべきか知ることができるんですよ。

ギズ的「Entourage」の便利ポイント

・スケジュール管理ツール「My Day」でタスク管理しよう

・予定も仕事もこれひとつでOK

→『Entourage』の機能詳細ページ

この日の予定は、ギズモード通常更新の他に、媒体資料の更新、午後の社内会議で議事録担当...それに、ギャラの明細もやらなければいけないや! ボクはMacを使っていますが、社内ではWindowsが多いので、こういう時に『Office 2008 for Mac』は互換性で頼りになります。

さて、スケジュールと細かいTodoをこなしたらもうお昼。

  

[PR]新しい『Office 2008 for Mac』でバリバリ仕事してみた 3

 

この日のお昼は、そばと丼物のセットを食べながらMacBookで媒体資料の作成。

先に用意しておいた資料を、『PowerPoint』に組み込んでいきますよ! いまは広告業界も大変ですからね、媒体資料もシビアにチェックしなければいけません。

ギズ的「PowerPoint」の便利ポイント

・ 豊富に用意されているテーマ、テンプレートでグラフィカルに

・ 図形などが簡単挿入できる「エレメンツギャラリー」が超便利

→『PowerPoint』の詳細ページ

以前の『PowerPoint』に比べると、テンプレートオブジェクトの種類がものすごく充実しています。手軽にプレゼンテーションを作るなら、これらの機能は役立ちますね。

 

[PR]新しい『Office 2008 for Mac』でバリバリ仕事してみた 4

 

午後の会議では『Word』が大活躍。

そして、個人的に『Office 2008 for Mac』で一番のオススメがこの『Word ノート機能』です。いつもは文字入力された箇所に録音されるクラシックスタイルを活用。そうすれば、議事録を見直すときに、音声も同時に再生されるので正確な情報を把握することができるんですよ。

5~10人までの会議であれば、『Office 2008 for Mac』搭載のMacを真ん中におき、録音を開始すれば、問題なく使用可能。これはマイクが標準で装備されているMacならではのメリットですね。

ギズ的『Word』の便利ポイント

・ノート機能で、議事録をとりながら会話も録音!

・文書パーツで見やすい文章作りができる。

→『Word』の詳細ページ

 

[PR]新しい『Office 2008 for Mac』でバリバリ仕事してみた 5

会議が終わればもう夕方です。

『Excel』を使い、さくさくとライター陣のギャラ計算を進めていきます。資料ができたら、『Excel』ファイルを上司のWindowsで確認してもらうためにメールで送信。Excelファイルで使っている関数も問題なくWindowsで見られるし安心できます。

ギズ的「Excel」の便利ポイント

・グラフの作成が、以前と比較できないほど簡単になった

・テンプレートとのグラフでインパクトのある資料を作れるよ!

→『Excel』の詳細ページ

これで1日のフローは終了です!

今回初めてMacを使い『Office for Mac』で仕事をしてみましたが、Windowsから違和感なく移行することができましたね。それは、Microsoft Exchange Serverに対応しているEntourageで全ての予定を職場と自宅間で同期できたのも大きいかな。

そして、Mac OS X 10.6 Snow Leopardでももちろん利用可能! インストールはデスクトップ型とノート型、合計2台にインストールできるので、Macを複数台お持ちの方には嬉しいですね。

ギズモードではこのように『Office 2008 for Mac』を日々の業務に当て活用していますよ。「Macにとって必要不可欠です。」というキャッチコピーも納得です。

Mactopia Japan | Office 2008 for Mac

(大野恭希)