エコなバス停が無料ホットスポット&発電ステーションに

エコなバス停が無料ホットスポット&発電ステーションに 1

バス待ちのイライラは解消されそうですよ...

サンフランシスコ市が試験的に発表した未来のバス停「Clear Channel Outdoor」は、ソーラーパネルで太陽光発電する性能が搭載されており、そこから充電される無料のホットスポット機能が、市民に憩いの場を提供可能とアピールされてますよ。市内の360カ所へ2013年までに設置を進め、このバス停に近づけば、お外でもタダで高速Wi-Fi通信が楽しめちゃうっていう、なんともうれしいサービスですね。

ちなみにClear Channel Outdoorを1基セットアップするのに要するコストは3万ドルと高額なんですけど、ソーラーパワーで次々と表示が変わるインタラクティブな広告スペースの販売で、そのコストの回収が目指されるほか、24時間体制での広告&無線LANサービスの提供でも、使用する電力なんて知れてますから、バス停の太陽光発電で生まれた余分の電力は、すべて市の電力供給に用いられるエコな仕組みにもなってるので、十分にサンフランシスコ市としても元が取れる計算なんだとか。

ついでに、こんな体重ドッキリ広告を仕掛けちゃったり、美女とブランコしながら待ち合わせできちゃったりするデザインにしちゃえば、バス停が街中でも魅力のスポットに早変わり間違いなしですね...

[Popular Mechanics]

Dan Nosowitz(原文/湯木進悟)