かわいい動物キャラの子ども向け将棋、どうぶつしょうぎ

かわいい動物キャラの子ども向け将棋、どうぶつしょうぎ 1

盤面が狭すぎて、すぐに終わりそうだけど。

3×4の盤面で、ライオン、ぞう、きりん、ひよこで、将棋風の遊びができるのが、「どうぶつしょうぎ」。

各コマの動きは

・ライオン:王将(隣接する8ますすべて移動可能)

・ぞう:角(斜めにひとます)

・きりん:飛車(上下左右にひとます)

・ひよこ:歩兵(前進ひとます) ただし成ると「にわとり」になる。

・にわとり:金将と同じ動き

ひよこが成ると、にわとりになるってのが何とも面白いですね。ただの子どもの遊びなのかなって思ったけど、wikipediaによれば

主に子どもへの将棋普及のために、女流棋士の北尾まどかが考案し、同じく女流棋士の藤田麻衣子がデザインを担当した。

というから、実は練りに練られたゲームなのかも。

[どうぶつしょうぎ - Wikipedia,どうぶつしょうぎ - 幻冬舎エデュケーション]

(聖幸)