アポロ陰謀論よ、さらば。月面の足跡&月を歩く船長の顔写真

090904_moon-path-01

NASAの月探査機「LRO(Lunar Reconnaissance Orbiter)」が7月に公開したアポロ月面着陸地点の写真を見てもまだ「月面着陸はデマだった!」と信じてやまないみなさん。 陰謀説もそろそろ年貢の納め時のようでございます...。

上の写真を見てください。

これは、先月29日を最後に地球との交信を断ったインド初の月周回探査機「Chandrayaan-1(チャンドラヤーン1)」が、消息不明になる前に送ってくれた最後の写真の1枚です。

アポロ15号が月面をロールオーバーした痕跡、見えます? ちょっと分かりにくいので赤のラインでなぞらえてみましょう。

090904_moon-path-02

ね?

NASA以外の第三者も、ちゃんとこうして確認してるってことは、やっぱアメリカは月に行ってたんですよ。 月の石も持ち帰ったことだし。

なのでもう、「ニール・アームストロングは月なんか歩いてないのだ!」と長々と証明をメールしてこなくても大丈夫ですよ。 アームストロング船長と言えば、ムーンウォークした時の写真(下)も残ってますから...。

 

アポロ陰謀論よ、さらば。月面の足跡&月を歩く船長の顔写真 1

これは僕の大好きなアンドリュー・チェイキンの新刊『Voices from the Moon』に今春収録され、初公開となったもの。月着陸船イーグルが撮った映像をSpacecraft FilmsがHD化し、静止画としてヒトコマ抽出しました(米GIZMODOには7月20日の月面着陸40周年記念日に掲載済み)。

月面初着陸の偉業に敬意を表し、アポロ11号クルー3人のお写真もどうぞ。左からオルドリンさん、アームストロングさん、コリンズさん。

090720_apollo11-then

そして近影。

090720_apollo11-now_01

[The Times of IndiaVoices from the Moon and Andrew Chaikin]

Jesus Diaz(原文1原文2/satomi)