iPod touchにカメラが搭載されない理由&それが頭に来る理由(動画) 

090909ipodtouch-camera.jpg

アップルが通り発表するとは僕も最初から期待してません。

噂なんて所詮はゴミ。あの的中率が高いので有名なブロガーのJohn Gruberですら今回は「カメラ付きiPod touchが出る」という予想和訳)が見事に裏切られたわけだし...(あの情報リークした社員は今ごろ...)。

でも、どうして? どうしてiPod touchにはカメラがつかないんでしょう?

「噂なんて」とは思っても、やっぱり引っかかるので、少し理由を考えてみようと思います。

長いですよ。

 

カメラを搭載するスペースがない

iPod touchはiPhoneよりかなり薄くて、空いてるスペースもそれほどないので、カメラを入れなかったのは単なる技術的判断かも。アップルはおそらく今の筐体に収まるパーツを探せなかった。でもだからと言ってtouchの物理的なサイズは変えたくない...それで...。でもそれならあのちっこいiPod nanoにカメラがついてtouchにつかないのはどうしてなの? って話になりますよね...nanoのカメラじゃ貧弱過ぎたんでしょうかね。

nanoとtouchではカメラに求める機能が違う

アップルはiPod nano搭載カメラをiPod touchに搭載すれば、たぶん値段は横ばいにキープできたと思います。でも所詮は超小型で超安いVGAカメラのこと。このVGAという頭文字が示すように、解像度は低い。 nanoなんてスチル写真もダメなぐらいだし...(動画はまだ許せる圏内でも)。iPod touchを買う人の期待値はもっとうんと高い(僕がそうだから分かる)ので、これじゃいかん、という話になったのかも...。カメラ付きになる話はあった、でもアップルがtouchにふさわしいと思うカメラ(iPhoneのカメラ)と違ってたんでボツになった、と。それもあり得そうな話ですよね。

技術的問題

これはイベント直前に流れた噂です。アップルの製造で技術的問題が起こってカメラ付きiPod touchの出荷が遅れる、という説。仮に事実なら、発表だけ前倒しして発売は先送りにすれば済む話ですけど、でもiPod touchはカメラ抜きで当日発売になっちゃってますから、つまりは随分前からカメラ抜きの製品を用意していたということになるんじゃ? なーんだか僕には土壇場の計画変更には思えないんですよねー。

価格の問題

アップルは199ドルのiPod touchは維持し、それより大きな製品は今の価格をキープしたまま容量だけアップしたかった、と。この説明は、技術がどうこういう言い訳よりはスンナリ納得できます。でも8GBは古いモデルだけだし、ずっと価格据え置きで製造されてるような製品なので、アップルが価格を犠牲にしない限り8GBにカメラ搭載は無理なんじゃないですかね。今回新発売のiPod touchでハードウェアの中身が変わったのは32GBと64GBのモデルだけだし...。まさかカメラ付きとカメラ抜きの2通りtouch用意するつもりだったりして? アップルが統一性と合理化にこだわる企業なこと考えると、その可能性は薄そうですけどね...。

市場のセグメンテーション

さてと。「アップルはiPod touchに一体どうしてカメラを搭載しないの~!?」という理由を先般よりアレコレ推理してきたわけですが、面白くなるのはここから先です。アップルは以前、Flipに対抗したいと話してましたよね。Flipは贅肉そぎ落として150ドル切るプライスを実現して人気のビデオカメラです。とてもじゃないけどiPod touchがあの大きなタッチスクリーンとワイヤレス機能、iPhone OSに必須の強靭な処理パワー抱え込んだまま実現できるような価格帯じゃありません。となると利幅カットは避けて通れない影響となりますけど...でも、Flipの対抗馬ならnanoが適任ではないの? という思考回路。絶対あり得ない話じゃないと思います。

iPhoneと共食いになるから

あと一つ考えられるのは、共食い。 iPod touchにカメラを加えたら、ブーン! iPhoneから「弟に勝てるもの」がまたひとつ減っちゃいますから...。 iPhoneのカメラならiPod touchにもそのまま搭載できるはずなんですけど、アップルは単にiPhoneの市場を守りたいだけなのかも...。

機能の進化をわざと抑えている

僕はこの説明が一番納得いきます。アップルは怠け者になっちゃったんですよ。いやもっと正確には、欲張りになってきちゃった。だって今や、どの種目でもナンバーワンです。市場は握ったも同然。競争相手も追いつくのがやっと。それが分かってるので、あえてiPhoneも前モデルよりグンと改善して出すなんて真似はせず、程よいアップグレード版のiPhone 3GSなんて出してるんですよ。同じ理屈でiPod touchもナイスなカメラ入れて出すなんて真似はせず、新しいソフトウェアとかなんか入れて中身をちょこっとアップデートしてメモリー増量して出した、と。

会社が帝国を制覇するとこうなるという、良い見本です。他の小人(競合他社)は、既に売れまくっている人気デバイスに大きく水をあけられてます。するとウサギと亀じゃないけど、トップランナーは急にペースが落ちて、自己満足になり、一歩リード維持できる最小限の努力しか払わなくなるんでございますよ。

だから、そうなんです、僕もアップルが噂通りの発表をするとは最初から期待してなかったんです。でも、一回ごとにベスト尽くさないのは、見ていて頭にきますね。つまんない、自堕落な会社になっちゃって...でも、そうなんですよね、毎度毎度アップデートの度に本気出してビョーキなぐらいスゴい製品出してたら、経済利益という面では良くないんでしょうね...分かります。

iPod touchにカメラつかなくてガッカリする人は、しかし、相当な数に上ると思いますよ。間違いなく。

反対意見の人もいるでしょう。「そんなことない。アップルはいつもエンジン全開だよ!」って。その通りかもしれないですね。僕の勝手な思い過ごしというだけで。...でも彼らを見てると、なんだか自宅にポルシェGT2停めっ放しにしてMini乗り回してる人みたいに思えちゃうんですよね。

ジョブズ氏の今後に期待しつつ。

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)