バックアップどうやってますか? 無料のやり方大紹介!

2009.09.18 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20090915freebackup.jpg


バックアップとってなくって泣きを見たのは過去に1回。あれはつらかったな。

バックアップ
ってみなさんどうしてますか?
あたしは、たまに外付けハードに必要なファイルをガーーーっ!! っと保存してますけど、それでもついついさぼりがちになってます。よくないですねぇ。

何かパソコンに問題があると必ず言われる1言。
「最後にバックアップしたのいつ?」
バックアップは大事なんです。わかっているんです。でも、パソコンの調子が悪くなったことないし。いつ必要になるかわからない(もしかしたらずっとうまくいけば必要ない)バックアップ用の外付けにお金だすくらいなら、なんか他のことに...なんて思ってついついバックアップ先延ばしにしてる人いませんか?
そんなあなたのために、無料でバックアップする方法紹介します!

注)ここで紹介するのは、フルバックアップではありません。
ドキュメントや、写真、音楽等、必要なファイルのコピーの保存というだけですので、ご注意を。


【共有してバックアップ】
20090915freebackup1.jpg

同居人がいます? またはネットワークを誰かと共有してます?
もしそうなら、はい、もうそれでバックアップシステムがすぐそこに!

まずは、ネットワークメイトの許可をとりましょう。お互いがお互いのバックアップになる、といいのではないでしょうか。
1番簡単で楽ちんなやり方は、自分のパソコンにファイル共有システムを設定してしまうことです。
Windowsならこのように、Windows XPWindows VistaWindows 7。Macならこのように、MacとMacMacとWindows

さて、次は何をどうバックアップするか考えましょう。
あんまりプライバシー重視じゃないなら簡単です。2つのオープンアクセスの間のファイルをシンクさせるだけ。自分のパソコンにはいってる、ドキュメントやら写真やらを、バックアップ用の方の共有のフォルダにどんどん入れておくだけです。
プライバシーが必要ならば、自分のデータにパスワードをかけてからバックアップ用のフォルダにコピーしましょう。
ただ、このやり方はマニュアルですからね。人力に頼ってるわけです。あー、めんどくさいって思ってやめちゃったらそれまで。
長い目で見ると、もうちょっと自動システムの方がいいですね。
WindowsユーザーにオススメなのがIdleBackup。無料のソフトウェアで、自分の選んだフォルダ(ネットワークフォルダ含む)を指定された場所にコピーしてくれます。しかも、パソコンを使ってない時に。助かる!
MacユーザーにはLacieのSilverKeeperがオススメです。ローカル、又はネットワークを介して、設定したスケジュールでフォルダをシンクしてくれます。もちろん無料。

20090915freebackup2.jpg

その他の方法は続きで!
 

【オンラインでバックアップ】
20090915freebackup3.jpg

なんでもかんでも全てをオンラインでバックアップするってことではないです。
パソコン全体のOSをバックアップしておくわけではなくって、あくまでもファイルの保存・回復用です。
コレとコレはする。アレとソレはしない。というように、きちんと整理しましょう。
オンラインストレージの最近のオファーはなかなか親切ですよ。けっこうな量を保存できそう。

Windows Live Skydrive
これはオススメです。もっと騒がれてもいいんではないでしょうか。
25GB無料。制約一切なし!
あ、ただしファイルサイズは50MBまで。ファイルサイズの制限がちょっと小さい気がしますけど、まぁ、音楽やスナップ写真のバックアップならいいですよね。

File Factory
ファイル容量300MBの制限つきで、100GBの無料ストレージ!
ただ、とっても遅いみたいです。

Dropbox
使ってる人も多いのでは?
シンプルクリーンで使いやすいデザイン。2GBをオンライン上に置いとけます。バックアップだけでなく、共有としても使えますね。ファイルシンク機能等、使い勝手抜群!
いろんな端末にも対応。

Mozy
2GB無料。さらにアップロードを簡単にできるソフトウェアもついてきます。これがあると、何がアップロードできて何がダメなのかわかりやすいです。
約5ドル(約5百円)/月で容量無制限に!

Orbit Files
6GBストレージ。有料メンバーと比べるともちろんサービスのオプションはグンと減りますけど。


【みんなと一緒にバックアップ】
これはですね、たぶん1番時間がかかると思うんですよね。ただ、バックアップのつもりじゃなくてもうすでにやってる、って人が多いと思うので、それなら今からバックアップとして考えてもいいのでは?
下の紹介するウェブサービス。ドキュメント編集やら、写真共有やら、ミュージックストリーミングやら。本来の使い方をしているうちに、あら不思議。いつの間にやらバックアップもできてるのです。


[ドキュメント]
20090915freebackup4.jpg

Google Docs
Gmail使ってる人なら、これが1番簡単ですよ。
たまにファイルのフォーマットが壊れてることもありますけど、完全になくなっちゃうよりましですよね。

Office Live
Microsoftのオンラインオフィススイートは5GBの容量がついてきます。
でも、なんだか評判はいまいちのようです。

Zoho
オンラインオフィススイートのZohoは無料ストレージサービスをやってます。でも1GB。されど1GBです。


[写真]
20090915freebackup5.jpg

Flickr
いわずと知れたフォトサービス。100MB/月の制限つきで、アカウントの容量は無制限。

Snapfish
容量無制限さらにプリント注文可能。

Picasa
1GBのGoogleストレージ。

Photobucket
1GBのストレージ。さらにここには動画のアップロードも可能。

Facebook
実はこれが意外とベストなオファーをしてます。容量無制限で、1度に200枚までアップロード可能。ただし写真の質が落ちることが前提ですけど。パソコンの画面で見るくらいのクオリティでいいならFacebookはなかなか使えます。


[音楽]
20090915freebackup6.jpg

MP3Tunes
ミュージックライブラリをいろんなとこに置いておけます。
いろいろアプリがあるようなので、それを使ったらiPhoneを含むいろんな端末に設置可能。
2GB無料スペース。足りないですね。でもないよりマシでしょう。

File Factory
もう上記でも紹介しました一般的なストレージ。
音楽にはウェブ用インターフェースがありますので、さらに便利。しかも容量100GB

Deezer
フランスの音楽ストリーミングサービス。アップロードし放題。ただし個人使用に限る。


[動画]
これはまぁ、最後の最後の手段といったところでしょうか。
YouTubeVimeoViddler等はプライベート又は招待オンリーのオプションがあるので、それを使って、バックアップにしておく...という手もないこともないんですけどね。
ただ、質は落ちるし、アップロードに長い時間がかかるので、まぁあまりオススメはしないですね。

と、まぁこんなところでしょうか?
オススメのバックアップ方法ありましたら教えてください!


John Herrman(原文/そうこ)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B0029L4ZAO
ソースネクスト マカセル 自動バックアップ 謝恩キャンペーン版



 
【関連記事】
トランセンド「TS16GJF2A」:16GBの大容量USBメモリ
iPhoneのバックアップ処理をオフにする方法
Netafullmodo : 1テラバイトの低価格NASを購入してみた
【GIZ金曜アンケート】みんなのHDD容量結果発表!
みたいもーど:Droboをセットアップしたぜ、ダァダァダァ

・関連メディア