家なんか要らない。これからはキャンパー・バイクで路上ライフ!

家なんか要らない。これからはキャンパー・バイクで路上ライフ! 1

家よりもRVよりも僕が欲しいのは...キャンパー・バイク(Camper Bike)

こんなんで眠れるものやらどうかも分からないし、ましてや移動できるかどうかも不明ですけど、ヤドカリみたいな暮らし、憧れます。ひとつ、欲しいなぁ...。

NY在住アーティストのケヴィン・サイア(Kevin Cyr)さんが2008年北京旅行中に着想し、絵画のモデル用に作りました。ちゃんと動くそうですよー。

技術的なスペックはあまり公開されてませんけど、キャンピングカーを半分(いや、3分の1かな)に切って三輪車に乗っけただけに見えなくもない...。試作品のスケッチにはカウチ、ベッド、TV付きデスク(テーブル)のスペースも描かれています。いいですね。

で、これ作った勢いでケヴィンさんが現在取り組んでいるのが、なんと、「キャンパー・カート(Camper Kart)」(下)。

家なんか要らない。これからはキャンパー・バイクで路上ライフ! 2

ホームレス最新トレンドのショッピングカートを木材で補強し、折りたたみ式テントとマットレスを装備したものです。夜はカートの上にベッド(1~2人用)を広げ、足を伸ばして寝ることができます。いやあ、作る人が作ればカートもこんなにお洒落になるんですねー、うんうん。

コーマック・マッカーシー著『ザ・ロード』にインスパイアされた作品らしいですよ。 これ押して、「人類最後の火をかかげ、絶望の道をひたすら南へ」行くんでしょうか...すぐ人に食われちゃう気もしますが。

ギャラリーもどうぞ。

 

090917_kevincamperkart03090917_motherland090917_kevincamperkart01

以下サイトでプロジェクト支援者募集中。そちらに作業工程の早送り映像もあります。

[Kevin Cyr via Make]

Adrian Covert(原文/satomi)