アップル新商品の知っておくべきポイント10(動画あり)

アップル新商品の知っておくべきポイント10(動画あり) 1

クパティーノから火曜どっちゃり新製品が出ましたが、プレリリの文字の山に埋もれて大事なポイント見落としてない? アップル大典から「知っておくべきポイント10」を拾っておきましょー!

1. iMacは次世代プロセッサ搭載モデル登場

iMacのアップグレードで最注目のポイントは、IntelのCore i5とi7プロセッサ対応のモデルも出たことですね。お値段は19万8800円(米市場価格2000ドル)から。Core 2 Duo対応モデルは8万円(同800ドル)ぶんだけ安いですけど...え、買う? ホントに

2. iMacはアップルの相場では安いモニターです

30インチのCinema Displayは22万9800円(同1800ドル)ですが、新27インチiMacなら16万8800円(同1700ドル)から買えて、お買い得。そうなんですよー、iMacもMini DisplayPort経由で他のマシンに繋いで単なるモニターとして使えるようになったんです!

3. アップルはMac miniをサーバーとは見ても、HTPCとは見ていない

Mac miniも若干スペックを強化し、Leopard Server搭載版も仲間に加わりました。が、競争力のあるホームシアター用パソコン(HTPC)に欠かせないHDMIポートはついてません。

4. メタリックな新リモコンは、iPodのボツ・デザイン風

iMacは黒+シルバーなのにリモコンは白+プラスチック...こんな屈辱には耐えられん...というあなたのために生まれたリモコンです、よろしくね。

 

5. 交換可能バッテリーは、Appleラップトップ全域から撤退

交換可能なバッテリーを、もっと寿命が長い交換不能版に挿げ替えようと迫るデザイナーに歯向かい、最後まで踏ん張ってきた信頼の古参ホワイトMacBookも、本日ついに陥落

6. アップルは相変わらずボタン・継ぎ目・その他諸々が嫌い

Mighty Mouseの骸の上に、マルチタッチのMagic Mouseがゆら~り復活しましたね! ボタンが1個もないこのデザインを見て既視感を覚えるのはジーゼス記者だけじゃないと思います...。

7. さてはジョブズ、膝からポリカーボネートのMacBookを落としたか?

白のMacBookは丸ポチャになって、滑り止めのゴム底も。このモデルが2006年5月16日にデビューして以来、最もアグレッシブなモデルチェンジかも。

8. Time Capsulesもイライラが60%ダウン

あの死ぬほど遅いインターフェイスにうんざりのみなさんは既にお聞き及びかもしれませんが、Time Capsulesも黙々とスペック強化しましたよ。システムは「前より60%高速」になるそうです!

9. ケチャップの棒アイスをファンボーイに白手袋で売れる男ジョナサン・アイブは健在

新iMacはジョニー・アイヴが解説を担当したせいか、売れ行きも天井知らずみたいですね。筋骨隆々のあなたも、この鼻にかかったエセックス訛りの英語なら、いけるかも?

アイブのナレーションで見る動画の方が実物より豪華に見えると評判のiMac

10. いや、Nookはアップルの製品じゃないですよ

発表がたまたま同じ日に重なっただけで、あれはバーンズ・アンド・ノーブルの新作、お間違えきよう。Kindleに比べたら数兆倍近い線いってますけどね。

Mark Wilson(原文/satomi)