超リアル。18世紀に作られた白鳥型ロボット「Silver Swan」

なんとこのSilver Swanは18世紀につくられたものなんです!

昨日発明されたって言われても、そのリアルな動きとガラスとシルバーで出来てるって事に驚いたと思います。完全にやられました。

Silver Swanは時計仕掛けで動くようになっているんですが、シルバーで出来た葉っぱで飾られたガラスの水面に浮かびながら、魚を探し、捕まえようとしている姿は超リアル。本物の白鳥を目の前にしているって錯覚してしまいそうですよね?

繰り返しますが、これが2世紀も前につくられた機械的な装置だなんて僕には信じられません。ということで、自分の目で確かめるべく、イギリスのバーラム州にあるバーナード城のBowes Museumまで、Silver Swanを観にいくことにします。

[MEINE KLEINE FABRIK via Dark Roasted Blend]

-Jesus Diaz(原文/junjun )