火星で畑を耕す小さな王子様「Le petit prince」

火星で畑を耕す小さな王子様「Le petit prince」 1

          

マーズアタックと目玉おやじがコラボったみたいなキャラですけど...。

こいつは、火星でトマトや野菜を栽培するロボットなんです。火星での日射照度は、私たち地球の約半分ぐらい。植物が育つのいキツイ環境なんです。ということで考え出されたコンセプトが「Le petit prince(小さな王子様)」。

王子さまって...なんか違う気もしますけど、彼らの事をご説明すると、Le petit princeは小さなグリーンハウスで、火星の表面を歩きまわり、植物が育つのに最適な光や栄養素がある場所を探して

野菜を育ててくれるんです。徐所に、環境にあった育て方をマスターしたら、ロボット同士で情報やハチをシェアしたりするようになって、人々は火星にいながらにしてフレッシュなトマトとか、イチゴとかハーブをや食べることができるようになるんです。

 

火星で畑を耕す小さな王子様「Le petit prince」 2

    

そして、この王子様の役割は、ただ植物を育てるだけにとどまらないかもしれません。2009 Electrolux Design Labの優勝者とデザイナーは、これが初の入植者達と交流を図る「ペット」もしくは「無口な友達」になるのでは?と考えているようです。木曜の夜に、王子様から飲みのお誘いがあるかもですね・・・。

[Tuvie viaTreehugger]