エジプトハゲワシとお空をランデブー「Parahawking」(動画あり)

エジプトハゲワシとお空をランデブー「Parahawking」(動画あり) 1

Parahawkingって知ってます?

        

初めにこの写真を見た時、モンティ・パイソンのメンバーでもあり監督でもあるTerry Gilliamの映画のワンシーンと思っちゃいましたけど、違うんです。

2羽の大きな猛禽類と共にネパールの空を飛んでいるのはScott Masonさん。彼は、Parahawkingというスポーツを楽しんでるところなんです。

 

エジプトハゲワシとお空をランデブー「Parahawking」(動画あり) 2

        

Masonさんの両手にとまっているのは、エジプトハゲワシという種類の鳥。Masonさんは11歳の時からエジプトハゲワシを助ける一方で、Parahawkingの訓練をしてきたそうです。

エジプトハゲワシによるParahawkingの仕組みは、まず、離陸時に1羽連れていき、いったん空に浮かぶと、エジプトハゲワシは空に放たれます。すると、ハゲワシが暖かくて上昇している気流を見つけてくれるので、Masonさんもその気流にのってパラグライディングを楽しむといった仕組みになっているんです。

なんか、楽しそうですよねー。ハゲタカが導いてくれる経路をパラグライダーで進んでいきながら、たまにホイッスルを吹くと、ハゲタカがパラグライダーの後ろから、F18が航空母艦に着陸するかのように、Masonさんの伸ばした腕に戻ってくるんですから、いろんな意味で迫力満点な空の旅を楽しめるわけです。ちなみに、違う種類の鳥でも大丈夫なようです。

Masonさんは、だいたいいつも1飛行あたり147ドルでParahawkingを体験したい人と一緒に飛んでいるそうなので、体験したい人はネパールへ! ですね。

[SFGate]

-Jesus Diaz(原文/junjun )