土星の巨大な輪っかを発見!

2009.10.13 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20091012saturnring.jpg


太陽系惑星で最大規模だそうです。

NASAが今月7日にスピッツァー宇宙望遠鏡による観測で発見したと発表しました。太陽系の惑星のリングでは最大規模で、直径は約13.4ミリオンマイル(約2156万km)。微粒子が輪っかを作っており、熱を放射しながらだんだんと大きくなっていることがスピッツァーの赤外線観測で明らかになっています。

こんなに大きな輪っかが今まで発見されなかったのは、太陽の光の反射がほんのわずかで、光学望遠鏡による発見が難しかったからだそうです。

上の画像はこの発見のイメージ図。本物の映像みるのが楽しみですね。いや、本当、宇宙は未知だなぁ。


[NASA]

Jesus Diaz(原文/そうこ)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4796664238
眠れなくなる宇宙のはなし (単行本)



 
【関連記事】
【今日の一枚】これなーんだ?
【GIZ金曜アンケート】あなたの行きたい惑星結果発表!
核爆発で超巨大な高級ホテル並み宇宙船を打ち上げるオリオン計画に再び脚光(動画あり)
NASAロケット発射台解体で地揺れ(動画)
ため息が漏れるほど美しいタランチュラ星雲の写真
 

・関連メディア