「PSP go」のゲームはiPhoneよりもショボイかもしれない件

「PSP go」のゲームはiPhoneよりもショボイかもしれない件 1

ソニーさん、戦略を誤ると立ち直れませんよ...

いろいろ賛否両論あっても、やっぱり期待の「PSP go」発売を楽しみに待っている人って少なくないんじゃないかと思うんですけど、ゲームソフト面でユーザーの心をひきつけられなければ、ゲーム機としては厳しいんじゃないでしょうかねぇ。ましてや本来は専用ゲーム機でない敵でもないはずのiPhoneに負けまくっちゃっていいんでしょうか?

「PSP go」のゲームはiPhoneよりもショボイかもしれない件 2

とはいえ、こちらのグラフ画像で比較しちゃうと一目瞭然ですよね。同じタイトルのゲームソフトが、iPhoneまたはiPod touchで購入する場合と、「PSP minis」からPSPまたはPSP goに向けて購入する場合で、ほとんどのケースで倍以上の開きがあるんですね。iPhoneだと、がんばって「App Store」で探せば無料でも面白いゲームが見つかるかもしれないのに、そもそもUMD販売されないPSP goに関しては、現在のところ最低でも4ドル99セント(約500円)からしかプレイするゲームをゲットできないんですよ。

おまけに、すでに出回ってるレビューの中からは、同じゲームをiPhoneとPSP goで比較プレイした場合、iPhoneのほうが安くで購入できるわ、しかも操作感ならびにゲームエクスペリエンスでもPSP goをiPhoneがはるかに上回ってるなんて評価まで飛び出してきてる始末です...。これって専用ゲーム機としては致命的なんじゃないでしょうか。

まぁね、無料ゲーム&安売り乱発で将来性が危ぶまれるApp Storeよりは、ガッツリとユーザーからお金を取って儲けられるPSP minisのほうが、ゲーム制作側にはビジネス面で有利なので優良ゲームソフトを多数そろえられるってソニーの狙いもわからないでもないですけど、なんか日本では発売前からPSP goに期待薄って流れも加速しちゃいそうですよね~

Mark Wilson(原文/湯木進悟)