携帯電話「Sidekick」の全利用者データ消失! マイクロソフトPinkと共倒れ?

携帯電話「Sidekick」の全利用者データ消失! マイクロソフトPinkと共倒れ? 1

クラウドの彼方にデータは全部消えてしまった、みたいですね。

2週間近く前から、アメリカ全国津々浦々で通話が繋がらなくなっていたT-Mobileの携帯電話「Sidekick」。T-Mobileの明るい復旧見通しに一縷の望みを託していたユーザーたちの元に、とうとうT-Mobileから「データはほぼ全滅、、復旧の見込みは極めて薄い」というアップデートが入ってしまいました。

Microsoft傘下のDangerが最後に行ったシステム復旧評価によると、残念ながらDangerのサーバー障害の結果、お客様が端末に保存した連絡先、カレンダ記入内容、To-Doリスト、写真等の個人情報でSidekick上に残ってない情報はほぼ確実に失われたことをご報告しなくてはならない事態になりました。当社チームでは引き続き24時間体制で情報を回復する手立てを模索中です。ですが、成功の確率は極めて低いものと思われます。

...T-MobileとDanger、ずさんすぎますよね...。いろいろ繋げて考えるのはフェアじゃないですけど、マイクロソフトに買収されてからもDanger辞めなかった残党が開発した「Pink Project」も先が思いやられます。結局、マイクロソフトがDangerを買収したというのもDangerのソフトウェアサービスが目的だったわけですが、それもこれでは..。

Sidekickはセレブ芸能ゴシップのトップブロガー、ペレズ・ヒルトン(Perez Hilton)も愛用者です。何かにつけすぐキレるペレズですが、今回ばかりはこのペレズ節がぴったんこ。;

 

それじゃなくても痛手なのに馬鹿にしてるよ。T-Mobileのやつ客をなんだと思ってんだ。唯一のカスタマー対応が、1ヶ月の無料データサービスだってさ。

くそったれー!

こちらは7日間頭痛続きで、連絡先にも一切アクセスできないんだよ。それを1ヶ月無料データサービス(無料の通話使用料とは違う)????

死んじまえー!!!!

ホントこれでもまだ言い足りない方かも..。

ウェブには、「なぜ、こんな事態に?」をめぐる憶測が飛び交ってます。Channelwebが伝えたのは、Pinkを開発しているマイクロソフトのPremium Mobile Experiences(PMX)チームVCのRoz Ho女史が、SidekickをつくったDangerの元社員を大勢レイオフ(or会社に居られなくなるぐらい冷遇)し、PMXのPink開発チームにスタッフを吸い上げてPinkの生き残りを図ったんだけど、結果的に両チームともダメになってしまった、という話。

Channelwebにリークした人は先週MobileCrunchにリークしたのと同一人物みたいな感じですけど、マイクロソフトの「ユーザーエクスペリエンスの長」であるHo女史にだいぶ腹据えかねてる模様。

Ho女史と言えば、あのクレイジーな歌手PINKからネーミングを思いついたというので一度米Gizmodoにも名前は出てますが...今にして思えば、あれなんてまだかわいい噂でしたか...

ああ、Sidekick、どうなっちゃうんでしょ...。

[T-Mobile via Boy Genius Report]

関連:ITProマイコミジャーナルTechCrunch

Dan Nosowitz、Jason Chen(原文1原文2/satomi)