レノボ、Windows7を搭載したIdeaPadシリーズを発表

レノボ、Windows7を搭載したIdeaPadシリーズを発表 1

IdeaPadにもWindows7搭載モデルきました。

レノボはWindows7を搭載したIdeaPadシリーズを発表しました。「S10-2」「S12」「U450p」の3種類で、それぞれ10.1型、12.1型、14型液晶を搭載。

そして注目なのが、全ての機種が「Lenovo Enhanced Experience for Windows 7」に認定されていること。「Lenovo Enhanced Experience for Windows 7」とは、レノボとマイクロソフトが共同で研究したもので、起動時間・シャットダウン時間の短縮パフォーマンスの大幅な向上を実現した技術。実際のデータがまだ無いのでなんとも言えませんが、Windows7に最適化されているのは間違いないようです。

ちなみに、ほんとかよ〜って思っている方は、「レノボ・ジャパン タッチ&トライ イベント」なるものが秋葉原リナックスカフェで開催されるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

レノボ・ジャパン タッチ&トライ イベントについて

Think、Idea製品共にMicrosoft® Windows® 7と「Lenovo Enhanced Experience for Windows 7」の魅力を体験していただけます。また、ご来場いただいた方々にはレノボ・ジャパンからのスペシャルギフトもご用意しています。

日時 : 2009年10月24日ー25日 午前中10時〜午後6時

場所 : Café Solare(カフェソラーレ)リナックスカフェ秋葉原店

住所 : 東京都千代田区外神田3-13-2 リナックスビル1F

[Lenovo] 参考:タッチ&トライ イベントについて

 

(遠藤充)