Windows XPのままでいたい7の理由

20091026xp.jpg

Windows 7でわいわいエンジョイするのはもちろん楽しい! パソコン大好きな人、ガジェ夫ガジェ娘はWindows 7を楽しんでるのでしょうね!

けれど、そのまわりにいるパソコンよくわからないあなた。まだWindows 7を購入してなくて、どうしよっかなーって思っているあなた。みんながいいって言ってるみたいだけど、どうしよっかなーって思っているあなた。

使いやすいってのは人それぞれですよ。まわりのガジェ人達と自分とは違うかも。ちょっと考えてみてもいいかもしれません。もしかしたら、まだアップグレードしなくていいのかも。

【理由1】アップグレードするのってとにかく面倒です。

さらっとディスクいれるだけじゃないですもん。Windows XPからのアップグレードなら、バックアップとってハードドライブフォーマットして、クリーンな状態にしてからWindows 7いれて、そしてまたゼロからソフトウェアを全部いれ直すのですよ。まだWindows 7にしようかなってまよってる素人にはちょっと敷居が高いのだ。

【理由2】持ってるソフトウェアのチェック必要です。

さて、お手持ちのパソコンにいくつくらいのソフトウェアいれてるでしょうか? それを全部いれ直すのですよ。ちゃんとディスクとってあります? ダウンロードしたやつもですよ。

さらに、けっこう最近のプログラムでもまだWindows XPのみ対応って多いみたいですしね。

3以降は続きでどうぞ!

 【理由3】そもそもアップグレード必要ありますか?

パソコンの用途は? インターネットして、メールして、仕事用のプログラムちょいちょい使うくらい? それなら今のWindows XPの状態で十分使いやすいのでは? 新しい機能は気になりますけど、使い慣れたものの魅力もありますよね。

【理由4】お金かかります。

1万3000円ほどかかります。そうです、お金がかかります。

【理由5】SP1を待つのも1つの手です。

どんなものでも初版にはちょっとしたバグがつきものです。Windows 7がWindows Vistaと比べてすっごいいいって言ってもやぱりバグはあるのですよ。もう少し待ってサービスパック1がでてから安全にことを進めるのも1つの手ですよ。

【理由6】Windows XPのサポートは継続されます。

まだまた多くの人がWindows XPを使っています。ということはMicrosoftはそのサポートをやめることはでいません。セキュリティパッチが必要ってだけでアップグレードする必要はないです。Windows XPでもサポートあるので。

【理由7】パソコンの買い替える日がそのうちきます。

今使ってるコンピューターをこれからもずっとずっと使い続けるわけじゃないですよね。Windows XPがついてきたコンピューターを使っているなら、もうそろそろやってくるだろう買い替え時にWindows 7が入ってるものを買うのがいいのでは。そうすれば自分でインストールする手間とリスクがはぶけちゃいます。

と、まぁそんなに焦る必要もないかもしれません。自分のパソコンの使い方と相談してみてから決めればいいのですね。あ、でももし今Windows Vista使ってたら、有無を言わさずアップグレードするのをオススメします。

Adam Frucci(原文/そうこ)